ニュースリリース

2021年3月期中間連結決算概要について

2020年11月25日
ヤンマーホールディングス株式会社

ヤンマーホールディングス株式会社(本社:大阪市、社長:山岡健人)は、2021年3月期中間連結決算を下記の通り発表しました。

2021年3月期の連結業績(2020年4月1日~2020年9月30日)        (単位:百万円)

  売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に
帰属する
当期純利益
  前年比   前年比   前年比   前年比
2021年
3月期
359,902 △10.9% 8,461 △21.4% 12,083 6.8% 6,932 △9.3%

今期の経済環境は、コロナウィルス感染拡大によるグローバル不況のため、非常に厳しい状況です。一部の市場では回復基調にあるものの、グローバル全体では現在でも感染が再拡大しており、経済の不確定性は継続しています。 

このような状況の中、国内市場におけるアグリ事業では前年の消費増税の駆け込み需要の反動を受けて減収、また建機及びエネルギー事業では設備投資の低迷により減収となりました。
また、海外市場のアグリ事業ではコロナの影響から回復しつつある東アジア地域における増収や昨年ASV社を買収した建機事業で増収でしたが、小型エンジン事業やコンポーネント事業が欧米市場の悪化により減収となり、グループ全体では減収・減益となりました。

<ヤンマーについて>

1912 年に大阪で創業したヤンマーは、1933 年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功した産業機械メーカーです。「大地」「海」「都市」のフィールドで、産業用エンジンを軸に、アグリ、建機、マリン、エネルギーシステムなどの事業をグローバルに展開し、お客様の課題を解決するソリューションを提供しています。ヤンマーは“A SUSTAINABLE FUTURE-テクノロジーで、新しい豊かさへ。-”をブランドステートメントに掲げ、次の100 年へ向けて持続可能な社会の実現に貢献していきます。

  • ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【本件に関するお問合せ先】

ヤンマー ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧