ヤンマーテクニカルレビュー

編集後記

2018年11月1日

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。季節が巡るのは早いもので、秋が深まってまいりました。秋といえば「食欲の秋」、「読書の秋」、「スポ-ツの秋」など思い浮かべますね。読者の皆様はどのような秋をお過ごしでしょうか。

今回は農業、舶用エンジン、エネルギー、テクノロジー、建設機械の分野から、記事を掲載いたしました。農業分野の1本は10月にプレス発表されたばかりの新商品「ねぎ収穫機HL10,U」の紹介記事です。

これは2015年に商品化された機械をさらに使いやすく、作業効率を向上させたモデルチェンジ機です。私の住む町は田んぼが多く、トラクタ・田植機・コンバインをよく見かけますが、ねぎ収穫機は見たことがありませんでした。また、薬味として重宝されている「ねぎ」を収穫する機械ということで、個人的に興味深いものでした。そのほかの記事も、弊社のブランド・ステートメント "A SUSTAINABLE FUTURE" -テクノロジーで、新しい豊かさへ- を具現化する技術や取組を紹介していますので、ぜひご一読ください。

これからも、本誌面にて、先進技術や最新の製品紹介、グローバル化への取組を紹介して参りますので、引き続きご愛読いただきますようよろしくお願いいたします。

本誌に関するご意見、ご質問等は次のお問い合わせフォームからお願いいたします。