岡山工場

組立ライン

春商品であるトラクタ・田植機と秋商品であるコンバインを、各専用ラインと混流ライン(トラクタ・田植機とコンバインを様々な工夫により、1つのラインで生産する方式)の計3本のラインで生産します。特に混流ラインでは、需要変動に応じて生産量のバランスを調整することで、スピーディな供給対応を可能にしています。

新・中型総組立ライン
大型総組立ライン
中型総組立ライン
小型総組立ライン

混流生産ライン

1つのラインで数種類の製品を生産することで、需要に応じた生産調整ができ、在庫の低減とともに人と作業の平準化につながり、結果、品質の一定確保も図れます。

溶接ライン

アーク溶接ロボット、スポット溶接ロボットを約30台有し、シャーシフレーム、刈取フレームなどの大物溶接を行っています。

大型シャーシ溶接ライン
アーク溶接ロボット

塗装ライン

溶剤塗装、粉体塗装、カチオン電着塗装の3種類の塗装設備を有し、田植機・コンバイン・トラクターの部品をそれぞれの用途に応じて、最適な塗装方法で対応しています。

溶剤&粉体塗装装置

この塗装装置では溶剤塗装と粉体塗装ができます。溶剤塗装はシンナーで塗料を調合し、静電気を利用して吹き付け、主に足廻りの部品を塗装しています。粉体塗装は粉状の塗料に摩擦帯電して付着させます。主に外観部品に使用しています。使える色の種類は溶剤塗装で14色まで対応できますが、現在、常用しているのはネイビー、ホワイト、レッド、ローグロスブラック、サフランイエローの5色です。溶剤塗装は多色塗装に柔軟に対応できます。粉体塗装は、ヤンマーのメインであるネイビー・ホワイト・レッドの3色に対応しております。

大物粉体塗装ライン

カチオン塗装装置

主に田植機の部品を塗装しています。カチオン塗装の特徴としては、電気を利用して塗料を付着させ、塗装皮膜が薄く均一であること、錆に強いことです。またカチオン槽の中を通すので、パイプ類の中まで塗装することができます。水の中や、薬剤散布しながら使用される田植機等には非常に適しています。

カチオン塗装ライン

検査ライン

試運転検査は、パソコンを使った電装チェック・作動確認を行った後、台上にて実走行試験を実施。部品の締め付け不良、電装部品の結線不良などの確認も行います。トラクターは、PTO負荷試験・シャワーテストを行います。

試運転・調整場
シャワーテスト

工場概要

所在地 〒702-8515
岡山市中区江並428
電話番号 (086)276-8111
敷地面積 107,500m2
建物面積 46,200m2
ISO 9001 JQA-0685
ISO 14001 JQA-EM0277
主な生産品目 トラクター
自脱型コンバイン
田植機

所在地