テーマ

「新しい農をクリエイトする」

~新しい農への3つの提案~

  1. 世界で戦える農業の実現に向けて
  2. やりがい・生きがいとしての農業の実現に向けて
  3. 資源循環型農業の実現に向けて

趣旨

私どもヤンマーグループは、日本農業の転換期を迎えていた1990(平成2)年、厳しい中にも21世紀への夢と希望を持ち、先駆的な挑戦を試みる元気な農家やその集団が全国各地に誕生しつつあることに気づき、「いま日本の農業がおもしろい~その変化と対応~」を当社のスローガンとして、積極的に未来を語りエールを送ってまいりました。

その一方で、次代を担う若者たちに農業と農村の未来について、大いに議論いただこうと始めたのが「学生懸賞論文・作文募集事業」でした。

その後、私どもを取り巻く環境は大きく変わりました。急増する世界の食料需要に対応し、持続可能でかつ収益性の高い、資源循環型農業の実現が求められています。効率性、生産性だけではない、次世代へ引き継げる安心・安全で優れた食味の作物を生産できる農業への要求が高まっています。世界の人口・食糧問題に端を発した「農業」の課題が、資源エネルギー・地球環境等、様々な問題と重なり、大きくクローズアップされているのです。

そのような中、日本の農業は、まさに次の展開へ新たな一歩を踏み出そうとしています。私どもはグローバルに進化する「農」を未来に繋いでゆくという想いから、テーマに“クリエイト”を掲げ、副題として「新しい農への3つの提案」を以下の通り謳っております。

  1. 世界で戦える農業の実現に向けて
  2. やりがい・生きがいとしての農業の実現に向けて
  3. 資源循環型農業の実現に向けて

本事業も今回で27回目を迎えます。学生の皆様には、新しい「農」に対するそれぞれの提案を、広く自由な観点で論じ、夢と若さあふれる提言を数多くお寄せいただきたいと存じます。

論文の部

上記テーマと趣旨に沿った論文をまとめてください。21世紀農業の確立をめざした“先駆的挑戦”を内容としてください。自然科学、農業経営、農産技術、農芸化学、農業モデル(都会、中山間地、大規模平野、臨海地域)、新規ビジネスモデル、流通、教育、ICTなど、あなたが学習・研究しているさまざまな分野から独自の構想で提言し、その実現の過程、手法等を論理的に述べてください。
その他“将来の夢の農業”の創造・提案など、あなたの独自のテ-マを設定して論文にまとめて下さい。

作文の部

上記テーマと趣旨に沿った作文をまとめてください。あなたの感じていること、夢や思いを、これまでの体験やその時の情景を描写しながら作文にまとめて下さい。

主催・後援

主催

ヤンマー株式会社

後援

農林水産省
一般財団法人 都市農山漁村交流活性化機構
農山漁村の活性化、国土の均衡ある発展及び自然と調和のとれた豊かでうるおいのある社会の実現を目的に、都市と農山漁村の交流促進と農山漁村地域の活性化に関する調査研究、農山漁村の情報の収集・提供、農林漁業体験施設及び農林 漁業体験民宿業の健全な育成並びに体験農林漁業の普及推進等を行っている。
(平成13年、農林漁業体験協会、ふるさと情報センター及び21世紀村づくり塾の3財団法人の合併により設立。平成25年4月より一般財団法人に移行。)
公益社団法人 大日本農会
明治14年に設立されたわが国で最も歴史ある全国的な農業団体。設立当初から皇族を総裁としていただいており、現在は、七代目として秋篠宮文仁親王殿下を 総裁に推戴。農業の発展及び農村の振興を図ることを目的に、農事功績者表彰事業、農業農村に関する調査研究活動、農事奨励事業、勧農奨学、会誌「農業」の刊行等を行っている。平成23年7月1日、内閣府より「公益社団法人」に認定。

第27回ヤンマー学生懸賞論文・作文募集ポスターダウンロード

PDFデータをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社Webサイトより無償配布されておりますのでインストールください。

お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-376-530
受付時間
平日 10:00~17:00(土・日・祝日・社内休日を除く)

E-mail: ronbun@yanmar.co.jp