農業 - ニュースリリース

ハウス内作業への適応性を拡大したトラクターYT328Aを発売

2020年10月06日
ヤンマーホールディングス株式会社

<トラクター「YT328A」>

ヤンマーホールディングス株式会社のグループ会社であるヤンマーアグリ株式会社(本社:大阪市、社長:増田 長盛)は、狭いほ場やハウス内での作業に求められるコンパクトさと、重けん引作業などに必要なパワーを両立させたトラクター「YT328A」を12月1日に発売します。

日本国内では稲作単一経営から一部野菜への転作を行う複合経営に移行する農家が今後ますます増加すると予測されています。特にハウス内における作業では、よりコンパクトなトラクターが求められています。このような要望に応えるため、稲作や畑作はもちろんハウス内でも余裕を持って作業が行えるトラクター「YT328A」を発売します。
今後も当社は、お客様のニーズに応えるとともに持続可能な農業の発展に貢献してまいります。

商品概要

商品名 :トラクター YT328A
発売日 :2020年12月1日
商品価格:3,360,000円~4,655,000円(税抜、メーカー希望小売価格)

主な特長

(1)狭いほ場やハウス内でも操作性の良いコンパクト設計

ハウス内での作業でも、余裕を持って作業が行えるコンパクト設計となっています。全長・全高・ハンドル径のコンパクト化とシート・フェンダー高さを抑えることにより取り回しが良く、最小回転半径は2.3ⅿと小回り旋回を実現。狭いほ場やハウス内でも安心して快適に作業が行えます。

<ハウス内作業イメージ>

(2)作業を効率化させる無段変速トランスミッションI-HMT

ヤンマーが独自に開発した伝達効率の高い無段変速トランスミッションI-HMTにより、力強く安定した作業が可能です。また、無段変速ですので、作業やほ場条件に合わせて最も効率の良い、最適な速度で作業を行うことができます。変速時のショックもなく、美しい仕上がりを実現します。

<無段変速トランスミッションI-HMTを操作する変速レバーイメージ>

(3)作業中の車速とエンジン回転数をワンタッチで切替可能なA/Bモード

あらかじめ作業時(Aモード)と旋回時(Bモード)の車速とエンジン回転を設定することで、「作業機昇降スイッチ」のワンタッチ操作のみでモードの切り替えが行えます。シンプルな操作により作業能率が上がるだけでなく、旋回時にエンジン回転を低く抑えることができ、低燃費な作業につながります。

<「A/Bモード」による作業イメージ>

商品紹介ページ:https://www.yanmar.com/jp/agri/products/tractor/yt3a/

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功しました。以来、産業用ディーゼルエンジンを事業の柱とし、さまざまな市場へ商品・サービス・ノウハウを融合したトータルソリューションを提供する総合産業機械メーカーです。小型エンジン、大型エンジン、農業機械・農業施設、建設機械、エネルギーシステム、マリン、工作機械・コンポーネントの7事業を有し、グローバルにビジネスを展開しています。
「わたしたちは自然と共生し、生命の根幹を担う食料生産とエネルギー変換の分野でお客様の課題を解決し、未来につながる社会とより豊かな暮らしを実現します」をミッションステートメントに掲げ、世界の「都市」「大地」「海」の事業フィールドで、資源循環型社会"A SUSTAINABLE FUTURE"実現への貢献を目指しています。

  • ニュースリリースに記載されている内容は発表時点のものです。最新情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【商品に関するお問い合わせ】

ヤンマーアグリ株式会社 お客様相談室
TEL:06-7636-9298

【報道関係に関するお問い合わせ先】

ヤンマー ブランドコミュニケーション部 広報グループ
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧