自走式フォーレージハーベスタ JD-8000シリーズ

  • 写真は海外仕様につき、日本仕様と異なります。

飼料作物の収穫に、さらなる高精度・高能率作業を実現

パワーテックプラスエンジン(欧州排ガス規制StageⅣをクリア)

安定した出力と粘り強いパワーを発揮する高トルクが、フォーレージハーベスタの性能をフルに引き出します。
パワー、クリーン、エコノミーのすべてを追及した、新時代のエンジンです。

可変式ターボチャージャー(VGT)

可変式のターボチャージャーにより、負荷に応じて吸気圧を調整して常に安定したトルクを確保します。

排気循環システム(EGR)

排気ガスの一部を再利用して、NOx(窒素酸化物)の排出を抑え、環境負荷を低減します。

大容量1100Lの燃料タンク

排気フィルター(DPF+DOC)+SCR

排気ガス内のPM(粒子状物質)を排気フィルターで捕集して排気ガスから出るPMを減らしてクリーンにします。
更にSCR(選択的触媒還元)により有害な窒素酸化物を中和させて排ガス基準をクリアしています。

クーリングファン

恒久的にエンジンクランクシャフトからパワーバンドによって駆動。効率の良いエンジン冷却のために最適なエンジンの配置を実現し、ファンの低速回転を可能にし、馬力ロスを低減しています。

理想的な作物の流れ

刈取り・切断・排出まで、作物がよりスムーズに流れる設計を採用しています。
理想的な動力伝達により、各所で生じる負荷が極めて少なく、長時間に渡って高いパフォーマンスを発揮します。

①フィードロール

乾燥した牧草から、粘りのあるアルファルファ・クローバーまであらゆる収穫状況に適応します。
上側のフィードロールは金属探知機のコイルと、石探知機のセンサーを収納するチューブを装備し本機の保護はもちろん、収穫した作物も守ります。

②高感度金属&石探知機

従来機に装備されていた金属探知機に加え、8000シリーズには石探知機も装備しています。
金属探知機および石探知機が異物を探知すると、自動的に駆動を遮断し、後行程の機械損傷を防ぎます。

③デュラドラムカッターヘッド

逆転研磨について他社比較

56枚のセグメントナイフと頑丈なドラムにより、効率よく正確に作物をカット。丈の長い牧草や繊維質の作物、コーンなどの細断性に優れています。

  • 逆転研磨で鋭い切れ味
    逆転研磨によりヒールができないので鋭い切れ味が持続します。

④カーネルプロセッサー(K仕様)

キレイに破砕されたコーン

カーネルプロセッサーは、コーンに切りこみをいれることで、栄養価を落さず飼料を育成できます。
上部ロールが下部ロールより20%高速回転し、コーンをキレイに破砕します。最低限の圧力で穀物をしっかり粉砕することができるので、燃料費も抑えることができます。

カーネルプロセッサーの切替え
  • 切替えもカンタン
    牧草を収穫するときは、クランクレバーを使用してカンタンに収納位置と作業位置の間を上下できます。

進化を遂げた上質な操作・居住スペース

キャビン

大形のウィンドーガラスは、着色によりまぶしさを除去。前方はもちろん横方向と後方の視界がすばらしく、足元の空間も広がりました。

コマンドセンターとコマンドアーム

人間工学に基づいた設計で、操作機器類は身体の延長上に設定。ムリなく快適に操作でき、オペレータの疲労を軽減し安全性と効率を高めます。
多機能レバーだけで作業中のほとんどの操作ができ、ボタンの割当はコマンドセンターで可能です。

バックカメラ・スパウトカメラ

バックカメラの装備により、バック時に後方の視界をコマンドセンターで確認可能。更にスパウトカメラで作物の排出状況が確認でき、作業効率がアップします。

メンテナンスもカンタンに行える

日常的な点検や調整をラクに行えるよう徹底追及。
各部の開閉やナイフ交換なども容易にメンテナンス可能です。

カッターヘッド研磨システム

必要に応じて運転席に座ったままで研磨作業が可能。IVLOCによりエンジン回転数とは関係なく研磨でき低回転数で燃費を抑え騒音も軽減します。

カーネルプロセッサーの取外し(K仕様)

付属のクレーンを使って簡単に取外すことができます。

主要諸元

名称 ジョンディア自走式フォーレージハーベスタ
販売型式名 JD-8400 JD-8500 JD-8600
区分 22 K22 22 K22 22 K22
機体寸法
(ヘッダーなし)
全長(mm) 6520 6600
全幅(mm) 3200 3290
全高(mm) 3890
最大全高(mm) 6600
エンジン 製造元 ジョンディア
型式名 6135HZO22
総排気量(L) 13.5
シリンダー数 6気筒
最大出力(kW{PS}/rpm) 397{540}/1800 430{585}/1800 460{625}/1800
使用燃料 ディーゼル軽油
燃料タンク容量(L) 1100
SCRタンク容量(L) 43
走行部 タイヤ 前輪 800/70 R38
後輪 620/75 R30
ブレーキ方式 電気式油圧駆動湿式ディスク
トランスミッション プロドライブ2速トランスミッション
最高
走行速度
ほ場モード(km/h) 20
道路走行モード(km/h) 30
フィードロール フィードロール数 4
幅(mm) 660
カッターヘッド ナイフドラム幅(mm) 680
ナイフドラム直径(mm) 670
ナイフ数(枚) 56
切断長(mm) 4・17(1mm刻み)
回転数(rpm) 1200
研磨方式 逆転研磨(キャビン内操作可能)
カーネル
プロセッサー
ロール径(mm) 240 240 240
ロール回転数(上)(rpm) 3248 3248 3248
ロール回転数(下)(rpm) 2612 2612 2612
重量(kg) 320 320 360
スパウト 旋回角(度) 210
リーチ(mm) 4830
ブロワ ローダー径(mm) 560
経路幅(mm) 540 620
ブレード数(枚) 10
回転数(rpm) 1800
  • 諸元は改良などにより、予告なく変更することがあります。
  • この主要諸元は、ジョンディア社の情報に基づくものであり、実測値と異なる場合があります。

アタッチメント

厳しい条件下での耐久性・パフォーマンス力に優れた、ピックアップ・コーンヘッダーをご用意しました。
作業シーンに合わせて対応できるよう機種を多数取り揃えています。

ピックアップ 639シリーズ(牧草)

名称 ピックアップ
販売型式名 639
全長(mm) 1350
全幅(mm) 4060
全高(mm) 1400
作業幅(mm) 3000
質量(kg) 1070
牧草フィード幅(mm) 610
適応型式 8400・8500・8600

ロータリーヘッダー 445/460型

445型
460型
名称 ロータリーヘッダー
販売型式名 445 460
全長(mm) 2200 2800
全幅 作業時(mm) 4600 6100
移動時(mm) 2500 3000
全高 作業時(mm) 1200 1500
折りたたみ時(mm) 2300
作業幅(mm) 4500 6000
作業条数(条) 6 8
質量(kg) 1795 2750
適応型式 8400・8500・8600

自走式フォーレージハーベスタJD-8000シリーズについてのサポート・お問い合わせ