リヤモアコンディショナー(直装式)JD-R310R

充実の機能で、高能率作業と高速移動を実現!

追従性に優れた設計

刈取りユニットには中央ペンデュラム(振り子)方式を採用。ほ場の凹凸に対して確実に追従し、きれいな刈取り作業を実現。さらに、刈取りユニットの接地圧を一定にし、トラクターの燃料消費を最低限にします。

移動時はコンパクトに

刈取りユニットを垂直に折りたたむことが可能。コンパクトになり、移動がしやすくなります。

2種類のコンディショナーから選択

作物の条件に合わせ、2種類のコンディショナーから選択できます。

インペラーコンディショナー

スチールフィンガーが牧草を圧砕・折曲・打撃することで、乾燥効率を促進します。また、コンディショナーは、コンディショニングフードを5段階に調整できるので、条件に合わせた仕上りが可能です。

ローラーコンディショナー

やわらかく、もろい牧草向けとして、ローラーコンディショナーをラインアップ。2つのローラー間の圧力により、コンディショニングの強弱を調整します。

クイックナイフ交換

ナイフにはクイックナイフを採用。付属のツールを使用して、簡単にナイフ交換ができます。

ウインドロー幅、簡単調整

形成シールドにより、ウインドロー幅を調整可能。形成シールドは工具なしで調整でき、1.2~2mのウインドローを形成できます。

刈取りユニット保護機能

油圧式ブレークアウェイシステムを採用。作業中、障害物に当たったとき、刈取りユニットは自動的に後方に動き、上昇することで障害物との衝突による破損を軽減します。

ウエイトブラケット(オプション)

必要に応じて、ウエイトブラケット(JBCC10644)を装備できます。ジョンディア45kgウエイト(JR127764)を最大7枚搭載できます。

公道走行対応部品を標準装備

追加部品不要で公道走行が可能です。

反射器/灯火器(方向指示器・制動灯・尾灯・後退灯・車幅灯)/制限を受けた自動車の標識/全幅と運行速度の表示/外側表示板

  • イラストはイメージです。実際とは異なる場合があります。
  • 図はけん引式(2.5m超)の場合です。
  • 直装式とけん引式、全幅2.5m以下と2.5m超で対応が異なります。
  • 道路運送車両法における大型特殊自動車は対応が異なります。
  • 必要な免許・特殊車両通行許可(全幅2.5m超の場合)が別途必要です。

主要諸元

名称 ジョンディア リヤモアコンディショナー
販売型式名 JD-R310R
区分 T-P R-P
機体寸法 全長(移動時)(mm) 2160
全幅(移動時)(mm) 2440
全高(移動時)(mm) 3300
全高(移動時 トラクター装着時)(mm) 3800
機体質量(重量)(kg) 1495 1535
カッターバー 作業幅(mm) 3100
刈高さ(mm) 35~65
ディスク数 7
ナイフ数 14
クイックナイフ交換
コンディショナー 種類 インペラー ローラー
タイン数 88
ロール径(mm) 240
回転数(rpm) 755/1000 800
駆動方式 ギアボックス
ウインドロー幅(mm) 1200~2000
PTO 軸径 35
スプライン 6
回転数 1000
折りたたみ方式 縦型
トラクター装着方式 3P直装(カテゴリⅢ)
トラクター最低所要PTO馬力(kW{PS}) 76{100}
トラクター所要油圧機構 単動×1・複動×1
  • 仕様により数値が異なりますのでご注意ください。
  • 諸元は改良などにより予告なく変更することがあります。