穀物長期貯蔵冷却システム マイティクーラー(サイロ冷却装置)

サイロ冷却装置

「マイティクーラー」は、既存のサイロや貯留ビンを使って低コストでの低温保管ができます。穀物をそのまま全量冷却することができ、穀物の呼吸作用を抑えた長期の貯蔵も行えます。乾燥後に冷却することで穀物の水分ムラを少なくし、省エネ運転が可能になります。
荷受の変動や、混雑緩和、休止ビンの有効活用にも使用できます。

こんな方におすすめ

  • 低温で穀物を保管したい方
  • 共同乾燥施設での荷受乾燥能力を向上させたい方
  • 大切な貯蔵原料の品質維持に悩んでいる方
  • 年間を通じて、穀物を出荷したい方

常温籾貯蔵から低温籾貯蔵へ

冷却貯蔵することにより

  1. 低温倉庫並の保管温度で最高の品質
  2. 害虫の活動を抑えて安全そして安心な貯蔵
  3. 高温多湿時期での安全な貯蔵、結露対応にも有効

カントリーエレベータやドライストアの荷受乾燥能力を最大限にアップする

カントリーエレベータの一次乾燥工程で冷却することで

  1. 荷受穀物の呼吸・発熱を抑える
  2. クーリングパスを省略できる
  3. 半乾水分に余裕を生み、乾燥能力が上る
  4. 水分のバラつきが大きい原料の安全を確保

乾燥工程のランニングコストを抑え、水分ムラを是正する

カントリーエレベータの仕上乾燥工程で冷却することで

  1. 過乾燥を防止、目減りが抑えられる(歩留が向上する)
  2. 乾燥パス、クーリングパスが減る
  3. 仕上水分がピッタリそろう

基本構造

主要諸元

【仕様表】

型式名 KK140 KK220 KK300 KK400
冷却能力 最高(トン/日) 160 300 350 550
平均(トン/日) 95〜110 180〜200 220〜240 330〜340
電気量 最高(kW) 17.1 46 53 96
平均(kW) 13 29 40 54
エア出口径(ダクト径)(mm) 300 400 400 600
寸法 長さ(mm) 3710 3440 3870 3950
幅(mm) 1300 1420 1460 1970
高さ(mm) 1980 2475 2580 2860
重量(kg) 754 1390 1800 2680
  • 冷却能力は使用する環境・条件により変化します。