ストーンクラッシャーSTCシリーズ

最大径30cmの石もラクラク粉砕。ほ場の石の悩みを一気に解決!

石は「拾う」から「砕く」時代に!

ストーンクラッシャーで悩みの種だった石を味方に

ヤンマーで取り扱っているストーンクラッシャーは、イタリア北部のクラッシャーメーカー「FAE社」がアルプス山脈の硬い岩石を粉砕するために開発した機械です。石を「砕く」作業は「拾う」作業よりも能率が高い上に、砕かれた石がほ場に残ることでたくさんのメリットがあります。下から石が浮き上がってくるのを抑制し、地盤沈下や客土も不要になります。また、ほ場の排水性や浸透性、保温効果も失わず、拾った後の石の処理まで解決できます。

効率的な粉砕作業

進行方向と逆方向に高速回転するローターで掘り起こし、丈夫な粉砕歯と受け歯によって硬い岩石を粉砕します。地表面の石だけでなく、地上から約30cmまでの深さにある石は、最大30cmまでのものをわずか3cmまで粉砕できます!

定点観測をしてみても、作業機の前にあった石がなくなっているのがわかる。

硬い岩石も粉砕可能

硬い石を砕く機械でなにより大事なのは歯の耐久性です。FAE社のストーンクラッシャーの粉砕歯の先端には、「タングステンカーバイト」という超硬質合金(エメラルドの硬度8<タングステンカーバイトの硬度8.5<ダイヤモンドの硬度10)を使用しています。このため、粉砕効果も高く、メンテナンスコストの低減も図れます。

ほ場や栽培条件に合わせた調節が可能

作業深さの調節は、機体両サイドのスキッド(ソリ)で行います。ローターに粉砕歯が固定されているので、地表面だけでなく、地中の石も粉砕することができます。また、石の粉砕径は油圧開閉式のリヤカバーの開度調節によって簡単に調節できます。

主要諸元

販売型式名 STC125 STC150 STC200 STCH200
 適応トラクタ馬力 最小~最大 (kW/PS) 58.8~80.9/90~110 80.9~132.4/110~180 96.6~132.4/130~180 132.4~206.0/177~275
PTO回転数(rpm) 1000
装着方式 3点リンク式
3P装着規格
機体全幅(mm) 1680 2015 2495 2550
機体質量(kg) 1820 2860 3430 4800
作業幅(mm) 1240 1480 1960 2000
 ローター   直径 (mm) 550 700
 最大回転数 (rpm) 880 670
破砕歯本数(本) 30 36 46 50
最大破砕径(mm) 300 500
最大作業深さ(mm) 300 400
最大作業速度(km/h) 0.2~0.7 1.2
メーカー名 FAE
  • 作業条件により数値が異なりますのでご注意ください。
  • 諸元は改良などにより予告なく変更することがあります。