優遇税制(固定資産税)

中小企業等経営強化法に関する優遇税制

対象者 中小事業者等向け
期限 2016年7月1日~2019年3月31日まで
税制内容

要件を満たした機械を購入することにより、固定資産税が3年間1/2に軽減します。

<要件>

  1. 販売開始から10年以内のモデルであること。
  2. 旧モデルと比較して生産性が年平均1%以上向上していること。
  3. 購入価格が160万円以上であること。(オプション含む)
  4. 中古資産でないこと。等

生産性向上特別措置法に基づく固定資産税の軽減措置

対象者 資本金1億円以下の法人、従業員数1,000人以下の個人事業主等で、先端設備導入計画の認定を受けている法人・
個人事業主向け(大企業の子会社除く)
期限 2018年6月6日~2021年3月末日まで
要件 (1) 販売開始から10年以内のモデルであること。
(2) 旧モデルと比較して生産性が年平均1%以上向上していること。
(3) 購入価格が160万円以上であること(オプション含む)
(4) 中古資産でないこと。
税制内容 新規取得設備の固定資産税が3年間最大100%減免※
  • 減免税額は市区町村により50%~100%と異なります。

優遇税制(固定資産税)についてのサポート・お問い合わせ