エネルギー - お知らせ

日本ホワイトファーム株式会社の導入事例が「2021年度 コージェネ大賞 特別賞」を受賞

2021年12月14日
ヤンマーホールディングス株式会社

<日本ホワイトファームに設置したコージェネレーションシステム>

ヤンマーホールディングス株式会社のグループ全社であるヤンマーエネルギーシステム(本社:大阪市、社長:山本哲也、以下YES)が、日本ホワイトファーム株式会社、アストモスエネルギー株式会社、株式会社イーネットと共同で取り組んだ「EMSを軸としたLPGコージェネによる省エネとBCP対策の実現」が「2021年度 コージェネ大賞」の産業用部門において「特別賞」を受賞しました。

本取り組みは、各社が得意とする分野での強みを活かし、日本ホワイトファーム株式会社 知床食品工場において課題となっていた重油ボイラーおよび関連設備の老朽化、省エネ法への対応を解決するソリューションとして実現しました。YESは、エネルギーマネジメントシステム(EMS)とLPGを燃料とするコージェネレーションシステム「CP25D1」20台を導入しました。

今回のシステムを導入したことで、省エネ効果による電気契約の維持と、廃熱を利用した温水供給によるエネルギー使用量の削減を実現しました。さらに、地震などの災害に備え、大規模な停電時でも電力供給が可能な「停電対応機」を導入したことでBCP対策にもつながっています。また、これらの熱・電力をEMSで見える化、自動制御し、管理工数の削減と省エネ運転の維持にも寄与しています。

受賞事例概要

導入先日本ホワイトファーム株式会社 知床食品工場(北海道網走市)
受賞者日本ホワイトファーム株式会社
株式会社イーネット
アストモスエネルギー株式会社
ヤンマーエネルギーシステム株式会社
導入設備マイクロコージェネレーションシステム「CP25D1」20台
エネルギーマネジメントシステム
LPG貯蔵設備15tバルク(燃料供給元:アストモスエネルギー)
発電出力500kW(25kW × 20台)

<日本ホワイトファーム株式会社 知床食品工場>
<導入システムイメージ>

お客様事例紹介

<日本ホワイトファーム株式会社導入事例ムービー>

<コージェネ大賞について>

コージェネ大賞とは、コージェネレーションの認知向上を図るとともに、優れたコージェネの普及につなげることを目的として平成24年から始まった表彰制度です。一般社団法人コージェネレーション・エネルギー高度利用センターが主催し、新規・先導性、新規技術、省エネルギー性等において優れたコージェネレーションを表彰します。

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功した産業機械メーカーです。「大地」「海」「都市」のフィールドで、産業用エンジンを軸に、アグリ、建機、マリン、エネルギーシステムなどの事業をグローバルに展開し、お客様の課題を解決するソリューションを提供しています。ヤンマーは“A SUSTAINABLE FUTURE-テクノロジーで、新しい豊かさへ。-”をブランドステートメントに掲げ、次の100年へ向けて持続可能な社会の実現に貢献していきます。

  • ニュースリリースに記載されている内容は、発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【本件に関するお問い合わせ】

ヤンマーエネルギーシステム株式会社
エネルギーソリューション営業本部 ソリューション戦略部
TEL: 06-7636-2207
E-mail: solution_yes@yanmar.com

【報道関係者お問い合わせ先】

ヤンマー コミュニケーション部 広報担当
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧