釣りを愉しみ尽くしたい大人のためのボート。
ヤンマー「フィッシングボートシリーズ」

自分でボートを所有し、思う存分、釣りを愉しみたい。そんな大人の夢を満たす“フィッシングファースト”な設計が、多くの釣りファンから圧倒的支持を受けているボートを紹介しよう。

ボートは、釣りを極めるための最良の道具。

もっと遠くの海へ出たい。もっと大きな獲物を狙いたい。いったん釣りの魅力にハマってしまうと、その欲望はとどまることを知らない。一生かけてさらなる歓びを追い求めていく、幸せでありちょっと厄介な愛すべき道楽なのだ。

「自分のボートを持ちたい」。これも、釣り好きなら一度は抱く欲望ではないだろうか。釣りをしていると道具もどんどんいいものを揃えたくなるものだが、ボートこそ釣りのレベルをワンランクもツーランクも引き上げてくれる究極の道具。時間に制約のあるレンタルボートとは異なり、好きなときに好きなポイントで、心ゆくまで自分の釣りを追求することができるし、何より自分のボートを所有しているという優越感が心地いい。

なぜ釣り好きはヤンマーを選ぶのか。

さまざまなボートメーカーがプレジャーボートを手がけているなか、釣り好きから絶大な支持を集めているのがヤンマーの「フィッシングボートシリーズ」だ。釣り好きの多くは、なぜかヤンマーのボートを選ぶ。それはヤンマーのボートが一貫して「フィッシングファースト」の視点でつくられているからに他ならない。深く考えずに見た目重視でボートを購入してしまい、満足な釣りができず後悔するケースは意外と多い。逆に言えばスタイリングに重きを置きすぎ、フィッシャビリティを犠牲にしているボートが少なくないのが現実だ。

ダイナミックなフィッシングを可能にする広々としたスペースを確保したデッキレイアウト

すべては、釣りを楽しみ尽くすために。

対してヤンマーのフィッシングボートは、何より釣りを愉しむことを最優先に設計。なかでもフィッシングクルーザーシリーズは、ダイナミックなフィッシングを可能にするために広々としたスペースを確保したデッキレイアウトをはじめ、キャビンには十分な天井高があり、立った状態でポイントに目を配りながら操船できる。バウバースも余裕で横になれるゆったりとした広さ。カジキなどの回遊魚を狙ってトローリングに出かけたとしても船中泊にストレスを感じることはないだろう。

見通し抜群のキャビン
広々として快適なバウバース

揺るぎない信頼を獲得しているエンジンも、ヤンマーの強みのひとつだ。見渡す限り水平線の海上で安心して身を預けられるタフでパワーのあるディーゼルエンジン。そのエンジン音に胸を高鳴らせるファンも多く、自分でボートを動かしているという歓びをより実感できるはずだ。FPTOなどのエンジンの拡張性も高く、カスタマイズも可能。なかには1,000万円以上を投じて自分のフィッシングスタイルに合わせた一艇をつくるオーナーも。こうした楽しみも自己所有のボートならではだろう。

タフでパワフルなヤンマーディーゼルエンジン

家族や仲間との交流の場にも。男の隠れ家にも。

このようにフィッシングファーストこそがヤンマーのアイデンティティなのだが、とは言え、せっかくのマイボートを釣り専用にするのはもったいない話。前述した通り、快適な居住性もフィッシングクルーザーのウリ。このメリットをムダにせず、家族サービスや仲間との交流にも積極的に活用したい。クルージングや船上パーティーをはじめ、スキューバダイビングなどのマリンスポーツも。花火大会の日には沖に出て、陸の喧騒をよそに特等席での花火鑑賞も格別だ。

そしてもうひとつの愉しみと言えるのが、海の上に自分だけの隠れ家をつくること。波の音を聞きながらひとり読書に耽ったり、好きな映画や音楽を心ゆくまで鑑賞したり、知らず知らずのうちに増えた釣り道具のコレクションを収納する趣味部屋使いにもボートはピッタリな空間なのだ。

家族や仲間との交流の場に。使い方はさまざま。

オーナーが語る、ヤンマーボートの魅力。

ヤンマーのフィッシングボートのもたらす価値は、実際に所有している人がいちばんよく知っている。ここでオーナーたちの声をご紹介しよう。

今までにないスタイリッシュさ。

FX24EZオーナーのS・Aさん

以前乗っていたボートのエンジンの調子が悪く、中古艇への乗り換えも検討しましたが、FX24EZはこれまでのヤンマーボートとは違ったスタイリッシュなイメージ。波当たりが良く日本海の荒波でも叩きが少なかったのでこのボートに決めました。5月からは流し釣りでキスを狙ったり、かかり釣りでアジや真鯛を狙うなど、新シーズンをニューボートで迎えることができました。

イメージ通りの風立ちと安定性。

サルパ26オーナーのT・Tさん

今までは乗り合い船で釣りをしていましたが、好きな時間で好きなポイントに釣りに行きたくてマイボートを検討していました。雑誌やネットで調べ尽くし、自分に合う最適なボートとしてサルパ26に辿り着いたんです。試乗させてもらいましたがイメージ通りの風立ち・安定性ですぐに購入を決意。今では大阪湾で好きなときにジギングを楽しんでいます。

ジグをまっすぐに落とすのに最適。

FX27ZオーナーのS・Tさん

これまでの何隻もボートを乗り換えてきましたが、「もっと釣りのしやすいボートが欲しい」と選んだのがFX27Zでした。なんと言ってもボートが風に立って潮にうまく乗ってくれるのでジグをまっすぐに落とすのに最適だったのが決め手です。また、釣りに特化しながらキャビン内には大人3人が余裕で座れるスペースがあるし、子供たちが疲れたら寝転がれるところもいいですね。

まずは理想探しから。あなたにあったボートライフとは?

使い方次第でいくらでも愉しみを広げられるボートの魅力。これは、今まで知らなかった世界に自分を連れ出してくれる乗り物であり、人生を共に歩む相棒と呼べるものかも知れない。フィッシングボートシリーズは手頃な23フィートからより本格的な46フィートクラスまで、ラインナップも充実。興味が沸いてきたあなたは、まずはカタログ請求、見学会、試乗会などを活用して、あなた自身の理想のボートライフを探してほしい。

メールアドレスをご登録いただくと、ヤンマーの最新情報やキャンペーン情報などをお送り致します。