ボート免許の取得

海への第一歩はボート免許の取得から

モーターボートやヨット、水上オートバイを操船するには、ボート免許が必要です※1
ボート免許は「船舶職員及び小型船舶操縦者法」により定められた国土交通省が管轄する国家資格で、「操船できる船の大きさ」、「航行できる区域」によって、【1級】、【2級】、【特殊】の3つに区分されています。
また、【2級】には【湖川小出力限定】の区分があります。

  • ※1長さ3m未満、エンジン出力1.5キロワット(2馬力)未満のボートは免許も検査も必要のないボートです。

どんな免許が必要?

ボート免許の種類 操船できる船舶の大きさ 航行できる区域
1級

総トン数20トン未満の小型船舶及び総トン数20トン以上で長さ24メートル未満のプレジャーボート
スポーツフィッシングや外洋セーリングを楽しみたい方向け

制限なし
2級

総トン数20トン未満の小型船舶及び総トン数20トン以上で長さ24メートル未満のプレジャーボート
フィッシングやクルージングなどのボート遊びを楽しみたい方向け

5海里(9.26km)以内
2級湖川小出力

総トン数5トン未満、出力15キロワット未満のエンジン
湖でのバスフィッシングを楽しみたい方などにおすすめ

湖、川
特殊

水上オートバイ
ウェイクボードやツーリングを楽しみたい方におすすめ

2海里(3.7km)以内

取得したいボート免許を決めたら、次は取得方法へ

ボート免許の取得方法は、大きく分けて2つあります。あなたはどちらのタイプ?

国家試験受験コース

全国各地にある国家試験準備コースの講習(学科・実技)を受けて、国家試験を受験します。各免許スクールは、試験合格に向けて独自の内容や時間で講習を行います。講習日程や講習料はさまざまです。

教習コース

登録小型船舶教習所で、所定の学科や実技の教習を受け、修了試験を受けます。学科、実技教習は、規定の課程を全て履修しなければなりませんが、修了試験に合格すれば、国家試験が免除されます。

ボート免許の受験概要

検査項目 受験資格
年齢

国家試験が行なわれる前日までに下記の年齢に達している必要があります。
1級:満17歳9か月
2級、2級湖川小出力、特殊小型:満15歳9か月

  • それぞれ満18歳、満16歳になった日から免許を手にすることができます。
  • 二級免許について年齢が18歳未満の方は、操縦できるボートの大きさが5トン未満に限定されます。
    18歳に達すると、特に手続きは必要なくこの限定は解除され、次回免許証更新時には限定のない免許証が発行されます。
視力

両眼とも0.5以上であること。(矯正可)
一眼の視力が0.5未満の場合は他眼の視野が左右150度以上、かつ視力が0.5以上であること。

色覚

夜間において船舶の灯火の色を識別できること。
航行する時間帯が限定された免許を受けようとする場合は、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できること。

聴力

5メートル以上の距離で話声語(普通の大きさの声音)の弁別ができること。(補聴器可)

疾病および身体機能の障害

軽症で小型船舶操縦者の業務に支障をきたさないと認められること。

ボートの操縦自体は、それほど体に負担をかけるわけではありませんが、やはり乗り物を運転する以上、最低限の身体的条件が要求されます。身体検査合格基準に不安のある人は、国家試験実施機関である(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会の各地方事務所に「相談コーナー」が設けられていますので、事前に相談しておくとよいでしょう。

取得方法が分かったら、次はお近くの免許教室を探してみよう!

全国の免許取得教習所・更新講習実施機関情報を網羅したボーティングJAPANのネットワークから検索する

ボート免許の更新・失効再交付はどうすればいいの?

ボート免許は、正式には「小型船舶操縦免許証」と呼ばれています。

1.操縦免許証の更新

  • 操縦免許証の有効期間は5年で、更新を受けずに有効期間が満了したときは、操縦免許証が失効します。
  • 更新手続は、有効期間満了日の1年前からできます。
  • 操縦免許証の更新講習は、各免許区分とも共通ですので、一級又は二級と特殊の両方の資格を所有している方であっても、1回の受講で更新できます。

2.操縦免許証の失効再交付

  • 免許は終身有効ですが、更新を受けずに有効期間が満了したときは、操縦免許証は失効してしまいます。
  • 有効期間を過ぎてしまった場合は、失効再交付の手続きを行ってください。

更新手続き、また、失効してしまった場合の再交付の手続きに関する詳しい情報は こちらのサイトをご覧下さい。

関連情報

ヤンマーボートライセンススクール

ヤンマーボートライセンススクールでは【1級】【2級】【特殊】全コースで、国家試験免除にて受講頂けます。

Boating Japan

ボートレジャーの総合情報サイト
Special Thanks: Boating Japan

ボート免許の取得についてのサポート・お問い合わせ