ニュースリリース

フラッグシップクルーザー「X47 Express Cruiser」がドイツの「iFデザインアワード2022」を受賞

2022年04月12日
ヤンマーホールディングス株式会社

<「X47 Express Cruiser」>

ヤンマーホールディングス株式会社(本社大阪府大阪市、社長:山岡健人)の「X47 Express Cruiser(以下、X47)」が、「iFデザインアワード2022(主催:iF International Forum Design GmbH)」を受賞しました。

「iFデザインアワード」は、ドイツで1953年から続く世界で最も権威のあるデザイン賞の一つです。国際的なデザインの専門家が集まり、厳正で中立な審査基準に基づいて評価し、受賞デザインを選定しています。

「X47」は奥山清行氏によるデザインの47フィートのクルーザーで、ヤンマーブランドのフラッグシップモデルです。マリーナから高速で島々まで移動し、家族で無人島や洋上で過ごすアイランドホッピングやアーバンクルージングという新しいマリンスタイルを提案するクルーザーとして開発されました。

「X47」は、「プロダクト」分野において、高い走行性能がありながら、自宅のように快適に過ごせる空間・設備や、ヤンマー独自のジョイスティックによる操作性などが特に高く評価され、この度の受賞となりました。

「X47 Express Cruiser」について

「X47」は、2012年の創業100周年を機にスタートした「プレミアムブランドプロジェクト」の一環で、ヤンマーブランドのフラッグシップモデルとして誕生した「X39」に続く最新モデルです。
2つのスイートキャビン、ラウンジ、キッチンを完備。自然光が差し込むリビングスペースにはイタリア製の洗練された素材を採用しています。また、推進システムは通常よりもダウンサイジングしたヤンマーの高出力クリーンディーゼルエンジン「8LV型」3基と、「ZT370ドライブシステム」を搭載しています。高さを抑えた流線型のキャビン形状は高速走行時の空力性能と風の影響を受けにくいデザインで、最大船速40ktのパワフルな走りを実現します。

「X47」特設ページ

「X47」受賞ページ

<バウに設けた優雅なサンベッド>
<イタリア製の洗練された空間(リビングスペース)>

iFデザインアワードについて

iFデザインアワードは、68年にわたり国際的に権威のあるデザインアワードのひとつとして、またiFロゴは優れたデザインの証として広く認知されています。
この賞は、製品、パッケージング、コミュニケーション、サービスデザイン、アーキテクチャ、インテリア/インテリア、プロフェッショナルコンセプト、ユーザーエクスペリエンス (UX)、ユーザーインターフェイス (UI)の9つの分野で構成されています。受賞歴のあるすべてのデザインは、www.ifdesign.com およびiF Design Appで公開されています。

<ヤンマーについて>

1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功した産業機械メーカーです。「大地」「海」「都市」のフィールドで、産業用エンジンを軸に、アグリ、建機、マリン、エネルギーシステムなどの事業をグローバルに展開し、お客様の課題を解決するソリューションを提供しています。ヤンマーは“A SUSTAINABLE FUTURE-テクノロジーで、新しい豊かさへ。-”をブランドステートメントに掲げ、次の100年へ向けて持続可能な社会の実現に貢献していきます。

  • 記載されている内容は発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

【報道関係者お問い合わせ先】

ヤンマー コミュニケーション部 広報担当
E-mail: koho@yanmar.com

過去のニュース一覧