製品の品質・安全性・環境対応性を⽀える。
妥協なしの純正部品

ヤンマーの製品は、各種純正部品を取り付けてお使いいただくことでベストな性能を発揮するように設計されています。
各製造工程における品質管理を徹底、ヤンマーの厳しい品質基準をクリアし、厳選を重ねた高品質・高耐久の部品だけをお届けしています。

徹底的な生産管理で、安定した高品質部品

部品の品質にバラつきがあると、思いがけない故障や早期破損につながる恐れがあります。ヤンマーの純正部品は、製造工程ごとに品質管理を行い、ヤンマーの品質基準に合格した部品です。

神崎高級工機製作所の歯車(ギア)の品質強化事例

純正部品の生産には、ヤンマーグループ会社の技術・強みを生かし、常に最先端の技術を取り入れています。
例えば、油圧機器・トランスミッション・マリンギアを独自の技術力で生産している(株)神崎高級工機製作所。それぞれの製品の中には大小さまざまな歯車(ギア)が仕組まれており、重要な役割を果たしています。2019年度に稼働させた新ラインにおいて、検査⼯程に画像判定による⾃動検査を導⼊することで、目視確認といった⼈的ミスを防ぎ、部品の品質にバラつきが⽣じないよう、さらなる品質管理の強化に取り組んでいます。

画像判定による自動検査の導入により、不良品の客先流出件数はゼロを継続している。

メーカーと共同開発した、高い濾過性能の純正フィルター

自社およびヤンマーグループ会社での生産以外でも、ヤンマーは技術力のある専門メーカーとの共同開発で純正部品の製作に取り組んでいます。
ヤンマーの純正フィルターもそのひとつ。フィルターメーカーとの共創で特殊な濾紙を開発することにより、より多くのゴミを取り除け、高い濾過効率を長時間維持することに成功しました。

機械の性能を最大限に発揮させる、高強度・高耐久部品

ヤンマーの純正部品は、製造工程ごとに品質管理を行っており、品質基準を満たした部品しかお客様の手元には届きません。
例えば、過酷な環境で稼働している本機を支える建設機械や農業機械の足廻り部品には、特に強度・耐久性が求められます。ヤンマーの純正足廻り部品は、焼き入れの質や表面硬度ともヤンマーの品質基準を満たした高品質なものです。非純正部品は焼き入れも不均等で、鋳物不良に生じる“鋳巣”も多く見られ、強度と耐久性が低い場合があります。
ヤンマーの純正部品はお客様の手を止めず、ご使用の機械の性能を最大限に発揮させることができるのです。

走行モーターの回転をクローラに伝える「スプロケット」 クローラの張りを一定に調整する「アイドラ」

最新の環境規制に対応できる部品開発

ヤンマーは積極的に最新環境規制に対応する技術を開発しています。カリフォルニア州大気資源局(CARB)や米国環境保護庁(EPA)が採用している排出ガス規制(Tier4)に対応するエンジンの排出ガス制御装置もそのひとつです。ヤンマーは精密な燃料噴射ができるコモンレールシステムとEGR(排出ガス再循環)システム・DPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター)などの後処理装置を組み合わせて、NOx(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)の同時低減を実現しました。純正部品はこれらの装置に設計された部品で、処理装置に付けると最大限のパフォーマンスを発揮できます。

また、2020年よりSOx(硫黄酸化物)規制が強化されました。世界の船舶が規制に準じた燃料を使用するにあたり、ヤンマーもその燃料に対応するために、燃料系統の部品を再開発しました。
厳しい規制に対応していくために、ヤンマーはさらに環境にやさしい技術の開発を進めています。

ヤンマーのTier4規制対応に向けた排出ガス低減のアプローチ(19kW以上)

ヤンマーでは、厳しい排出ガス規制をクリアするため、日々、開発・試験を実施しています。純正部品を使用しない場合は、これらの各排出ガス規制を満たすことができず、保証対象外となります。

  • 排出ガス規制装置の保証は純正部品以外にも条件があります。
  • 世界の規制内容は、大変複雑になってきています。仕様詳細や規制適合については、必ずお問い合わせください。