• Robot Tractor ロボットトラクター 無人走行するトラクターで未来の農業をつくっています。

無人走行テクノロジーで、作業を自動化する。農業を変える。

これまでより少ない人数で、これまでより多くの農作業が行える。そんな夢のような話が、もうすぐ現実のものになろうとしています。ヤンマーが開発に成功した無人走行するロボットトラクターは現在、実用化に向けた実証実験を北海道大学と協同でしています。

数ある農機の中からトラクターを選んだのは、田畑を耕す「土づくり」から収穫まで、年間作業時間がもっとも多い農機だから。ロボットトラクターによる農作業の自動化は、農家の減少や高齢化、若者の就農率の低下といった日本の農業が抱える課題を解決する可能性を秘めています。

将来的には、より多くの農作業をロボット化できるよう、田植機やコンバインなどへの技術展開も検討中。熟練の技を持っていない人でも、より速く、より安全に、より正確に農作業ができれば、農業はきっと誰もが参入できる産業になるはずです。

ロボットトラクターの特長、主要テクノロジー

※ 画像はイメージです。
  • 2台を1人でコントロールできる無人走行システムを搭載。障害物センサーを内蔵で衝突などを未然に防ぐ。
  • タブレット端末で直感的な操作を可能にするユーザーインターフェースを開発中。
  • 作業状況にあわせてエンジン回転数や速度を自動調整するエンジンコントロールユニットを搭載。
  • コックピットカメラを搭載。タブレット端末で作業状況を監視できる。
  • GPSや基地局と無線通信する測位センサーを内蔵。より正確な測位情報を提供。
  • 大きく丸みをおびたキャビンは軽快なスタイリングだけではなく、業界トップクラスの視界性と快適性を実現。

関連情報

どこまで進化する? 農業ロボット研究最前線を北海道からレポート!

農業ロボット研究の第一人者である野口伸教授が、農業ロボット研究の最前線である実証実験の現場を案内します。

ロボットが救世主に? テクノロジーが変える農の未来

私たちの暮らしの中で、徐々に身近な存在になりつつあるロボット。今回は農業ロボットの歩みについてお話を伺います。

「人を考え、未来を創る発想を。」 2016年の振り返りと2017年の展望で明らかにする“ヤンマーアグリ事業の今”

アグリ事業が進めるソリューション開発。その中から2016年に受賞した4つの賞にフォーカスし、現場の声を紹介します。