• Robot Tractor ロボットテクノロジーが変える、農業の未来。

精度や効率を上げるのに、労力はいらない。ヤンマーのテクノロジートラクター。

これまでより少ない人数で、これまでより多くの農作業が行える。精度を保つためのスキルも労力も必要としない。そんな夢のような話が、ついに現実のものになろうとしています。

数ある農機の中からトラクターを選んだのは、田畑を耕す「土づくり」から収穫まで、年間作業時間がもっとも多い農機だから。ロボットトラクターによる農作業の自動化は、農家の減少や高齢化、若者の就農率の低下といった日本の農業が抱える課題を解決する可能性を秘めています。

将来的には、より多くの農作業をロボット化できるよう、田植機やコンバインなどへの技術展開も検討中。熟練の技を持っていない人でも、より速く、より安全に、より正確に農作業ができれば、農業はきっと誰もが参入できる産業になるはずです。

ロボットトラクターの特長、主要テクノロジー

  • トラクターに乗車することなく、近距離監視下においてタブレットひとつで作業をコントロール。
  • 有人機と合わせることで、2つの作業をひとりで同時に行うことも可能になります。
  • レーザーや超音波で人や障害物との距離を計測し察知する安全センサを設置。
  • 自動運転中にエンジンが停止すると、自動でブレーキがかかるセーフティブレーキを搭載。
  • 衛星(GNSS)と基地局からの補正情報の2つの電波で位置を求め、数センチ単位の高精度測位が可能。

関連情報

Y MEDIA

ヤンマーの農業に関する取り組みや活動をご紹介します。