レーザクラッディング

お客様のライフサイクルコスト低減のために、レーザクラッディング技術をコアコンピタンスとした部品再生技術で最適なソリューションを提供します。

レーザクラッディング技術による加工法

部品の摩耗部に、金属粉末とシールドガスを吹きつけながらレーザ光で肉盛りすることで、当該部品を補修し再利用可能とする部品再生・加工技術です。

ピストン - リング溝 リコンディション -

リング溝摩耗が限度を超えていてもレーザクラッディング加工を施すことにより基準隙間に戻すことが可能で、整備費用の大幅なコストダウンを実現します。

各種シャフト類

シャフト表面の肌荒れ等の表面修正を行うことが可能です。

サービス内容

レーザクラッディング技術は様々な機能部品への適用が可能です。その可能性は今後も広がっていきます。

金属粉末の組み合わせにより、様々な母材に対しての肉盛りが可能です。

レーザクラッディング加工のお客様メリット

レーザクラッディング技術による補修はQ(品質)、C(コスト)、T(納期)の全てでお客様の生涯価値向上に貢献します。

Q > 品質

  • 被覆層と母材が強力に融合するため補修部分の割れが発生しません。
  • 肉盛り厚さのコントロールが容易なため、今まで廃棄するしかなかった部品への補修も可能です。
  • 熱による影響が少なく、ひずみなどが発生しません。
  • 環境負荷低減に貢献します。
  • 耐腐食性が大幅に向上します。
  • レーザクラッディング技術に対するGL-Certificateを取得しています。
  • レーザクラッディング加工した部分に対して、加工後6ヶ月間品質保証いたします。

C > コスト

  • メンテナンスコストを大幅に低減します。

T > 納期

  • 他の部品再生加工より納期の短縮が可能です。

販売実績

レーザクラッディング加工はドイツで開発され、2007年から実用化されています。
シンガポールではドイツとの協働により2010年から、日本では2015年4月からサービスの提供を開始し、2016年3月までに約5,000個のピストンを含むパーツのリコンディションを行っております。
確かな実績を元に様々な案件に対応しております。対応可能部品についてなど、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

ネットワーク

世界3拠点でのサービスネットワークで、お客様のニーズに迅速に対応します。
レーザクラッディング加工はシンガポール、ドイツ、日本の3拠点に工場を設置し、同品質にてサービスを提供いたします。

レーザクラッディングに関するお問い合わせ

お問い合わせは下記の部門へお願いします。

舶用サービスセンター

TEL: 06-6489-8052
MAIL:LCJ@yanmar.com

関連情報

レーザクラッディングジャパン株式会社

新しいテクノロジーが新たなソリューションを提供します。...