パワーハローPHYシリーズ

  • 写真は海外仕様のため、日本とは仕様が異なる場合がございます。

1工程で砕土・均平・鎮圧でき、理想的な播種床づくりで収量アップ。

表層は細かく、作土は団粒構造、理想的な播種床をつくる

ブレード形タインが垂直回転して砕土し、ローラが均平しながら表土を適度に鎮圧。表土を反転することなく、作物の生育に適した理想的な団粒構造を持つ播種床が1行程でつくれます。団粒構造をこわさないため保温性、保水性にもすぐれ、あとの播種作業もスムーズに行えます。

圧倒的な耐久性を誇るタイン駆動部

  1. ギヤケースに密封された頑丈な大径駆動ギヤ
  2. 損傷や磨耗を防ぐためカバーされたギヤケース
  3. 軸方向・回転方向の力に強い大形コニカルローラベアリング
  4. くぼみとテーパでタインサポートを確実に保持する大径ロータシャフト
  5. 石が詰まらない強靭なタインサポート、タイン交換時のボルト外しも容易
  6. 強烈な衝撃に耐え、耐摩耗性に優れた独自のブレード型タイン
  7. PHY303、PHY3504、PHY403はタイン交換が簡単にできるクイックタインを標準装備

過負荷がかかると即、停止するカム式安全クラッチ

過負荷がかかると瞬時に動力をカット。負荷を取除けばそのまますぐ復帰できます。

ロータ回転数の変更はギヤの入替えだけ

ロータ回転数は工場出荷時221rpm設定、ギヤを入替えることにより289rpmにすることも可能です。後部PTO付で、播種機もセットできます。

  • PHY3000、PTO540rpmの場合。

均平・鎮圧・フルイ効果の高いローラは用途に応じて選択

ローラにはレベルゲージの働きがあり、砕土深さを一定に保ってすばらしい均平効果を発揮します。さらに表土の下部を鎮圧するため毛細管現象による水分の上昇を促進し、地表からの蒸散も防げます。

クランブラーローラ

ローラが網目状で、細土粒は上層へ、大きな土粒は下層へとフルイ分けます。
また、中空になっているため土が詰まりにくく、湿った圃場ではバーを1本おきに取り外せば、よりスムーズに作業ができます。

  • 外径390mm

マキシクランブラーローラ

ローラが網目状で、細土粒は上層へ、大きな土粒は下層へとフルイ分けます。
大径で土が詰まりにくい構造です。

  • 外径520mm

パッカーPK2ローラ

鉄ローラ上に爪をつけた構造で、より砕土・均平・鎮圧効果の高いローラです。
デントコーンなどしっかりした播種床が必要な作物に適しています。

  • 外径515mm

マキシパッカーローラ

より大径のパッカーローラで沈み込みが少なく、けん引力も小さくてすみます。

  • 外径535mm

主要諸元

名称 パワーハロー
販売型式名 PHY202 PHY2500 PHY3000 PHY303 PHY3504 PHY403
ローラ
種類
クランブラー
マキシクランブラー
パッカーPK2
マキシパッカー
機体寸法 全幅(mm) 2190 2610 3090 3500 4120
作業幅(mm) 2100 2500 3000 3500 4000
ロータ個数(個) 7 8 10 12 13
タイン本数(本) 右6・左8 16 20 24 26
タイン 標準タイン クイックタイン
PTOシャフト 1 3/8インチ
6スプライン
フリクション
スリップクラッチ付
1 3/8インチ
6スプライン
カムタイプ
安全クラッチ付
1 3/8インチ
21スプライン
カムタイプ
安全クラッチ付
1 3/8インチ
6スプライン
カムタイプ
安全クラッチ付
装着方式 3点リンク式
3P装着規格 カテゴリⅡ・Ⅲ
適応トラクター(馬力) 40~80 60以上 70以上 90以上
メーカー名 KUHN
  • 諸元は改良などにより予告なく変更することがあります。

パワーハローPHYシリーズについてのサポート・お問い合わせ