作業機付きトラクターの道路走行について

必要な対応を行うことで、トラクターに作業機を装着したまま道路走行ができるようになりました!

農耕用トラクターについて「道路運送車両法」に基づく保安基準に緩和措置が設けられました。
それにより、必要な対応を行うことで、「直装タイプの作業機」を装着したトラクターが道路を走行できるようになりました。お持ちのトラクターと作業機で道路走行をするために必要な対応を確認しましょう。

必要な対応 早わかりシステム

お持ちのトラクターと作業機の寸法や、最高速度などを選べば必要な対応がわかる「早わかりシステム」です。

道路走行に関するガイドブック

作業機付きトラクターで道路を走行するために必要な対応

トラクターに作業機を装着した状態での寸法確認や、灯火装置および反射器の確認、トラクターの最高速度の確認をして、一定の条件を満たしていない場合は、表示・標識の装備や、灯火装置および反射器を取付けする対応が必要になり、 個別の申請や、大型特殊自動車免許が必要になる場合もあります。

<対応の一例>

表示・標識の装備
灯火装置等の装備・移設
反射器(反射テープ)の装備
特殊自動車免許の取得

道路走行ができる作業機について

トラクターに装着して道路走行が認められるのは、必要な対応を施した「直装タイプの作業機」のみです。 「けん引タイプの作業機」の道路走行は、現在認められていません。

直装タイプの作業機

<一例>

直装タイプの作業機一例

けん引タイプの作業機は、現在認められていません。

けん引タイプの作業機一例

各種法令について

必要な対応を行い、法令順守のもと、安全に道路走行をするために、道路走行に関する各種法令について知っておきましょう。

必要な対応 早わかりシステム

関連情報

日本農業機械工業会ホームページ

お客さまのトラクターが、時速15kmを超えて走行可能な場合、それぞれの作業機を装着した状態で時速15kmを超えて道路を走行できるか否かがわかります。日農工のホームページで、リストにお持ちのトラクターと作業機の組合せがあるかどうかを確認してください。