作業機付きトラクターの道路走行について 各種法令

各種法令について

トラクターで道路を走行する場合、各種法令を遵守していることを確認してください。
下記はトラクターの道路走行に関する各種法令の、主な規制対象の一例です。

法律の名称 ① 道路運送車両法 ② 道路交通法 ③ 道路法 ④ 地方税法
主な規制対象 車両 運転者 車両 車両の所有者
主な規則 車両の保安基準 運転免許 特殊車両運行許可 ナンバープレートの取付

①道路運送車両法

自動車の装備や検査などが定められた法令です。道路を走行する自動車を構造や検査などによって、普通自動車・小型自動車・軽自動車・大型特殊自動車・小型特殊自動車の5つに種別しています。トラクターは、「大型特殊自動車」「小型特殊自動車(農耕用車両)」のいずれかに該当します。

②道路交通法

交通ルールや運転免許などが定められた法令です。道路を走行するためには、免許区分に応じた運転免許証の携帯が必要です。農耕用自動車としては、「大型特殊自動車免許(農耕車限定を含む)」「小型特殊自動車免許」があります。

免許区分 全長 全幅 全高 最高速度
大型特殊自動車免許 特殊な構造のもので、特殊な作業に使用する自動車で小型特殊自動車以外のもの
小型特殊自動車免許 4.7m以下 1.7m以下 2.0m以下
(安全キャブや安全フレームは2.8m以下)
時速15km以下
  • 車両種別の「大型特殊自動車」「小型特殊自動車」とは異なります。

③道路法

道路の定義から整備手続き、管理や費用負担、罰則まで定めた道路に関する法令です。一定の大きさや重量を超える車両を通行させる時には道路管理者へ特殊車両通行許可の申請を行い、許可証を得る必要があります。

車両諸元 全長 全幅 全高 重さ 最小回転半径
制限値(最高限度) 12m以下 2.5m以下 3.8m以下 総重量20t以下 12m以下

④地方税法

地方税法の市(町村)税条例の第80条に納税の義務、第82条に納税標識(ナンバープレート)の交付申請及び車両への取付義務が定められています。道路を走行するしないに関わらず、市町村へ届け出てナンバープレートの交付を受け、取付けてください。

【参考】軽自動車税申告書の書き方

  • 申請書は、各市町村により様式が異なります。
  • 型式認定番号がない場合は、打刻受付番号にて代用することができます。打刻受付番号は、打刻届出書に記載されています。(例)66794