作業機付きトラクターの道路走行について 寸法確認と視認性確認

作業機付きトラクターの寸法確認のしかた

作業機(フロントウェイトを含む)を装着したトラクターの全長、全幅、全高を確認しましょう。

  • 道路を走行する際には、装着している作業機に応じたフロントウェイトを装着してください。
作業機付きトラクターの全長確認のしかた
作業機付きトラクターの全長・全幅・全高の確認のしかた

全幅の確認は、道路を走行する際の作業機の状態で行ってください。

  • オフセット作業機は、作業機をトラクター中央側へ寄せて(収納側へ配置)全幅を確認してください。
作業機付きトラクターの全幅確認のしかた
作業機付きトラクターの全幅確認のしかた
ブームモアー付きトラクターの全幅確認のしかた
畦塗機付きトラクターの全幅確認のしかた

フロントウェイトの装着について

道路走行するときには、作業機に応じたフロントウェイトを装着してください。

  • 作業機を装着した状態で、かじ取車輪にかかる荷重が車両総重量の20%未満では、道路走行ができません。

灯火装置および反射器の視認性確認のしかた

下記①~⑦の項目を確認しましょう。
トラクターに作業機を装着した状態で確認(視認)できる位置に灯火装置および反射器が必要です(トラクター側、作業機側のどちらでも可)。
下記チェック項目の内容は、道路運送車両の保安基準で定められています。

全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高2.0m以下で、最高速度15km/h以下のトラクターは、③車幅灯、④制動灯、⑤後退灯、⑥尾灯は取付義務がないので確認は不要です。

灯火装置および反射器 チェック項目
① 前照灯(ヘッドライト) 夜間に前方50m先の障害物を確認できること。
② 方向指示器(ウィンカー) 昼間に方向の指示を示す方向100mから確認できること。
③ 車幅灯(スモールランプ)※ 夜間に前方300mから確認できること。
④ 制動灯(ブレーキランプ)※ 昼間に後方100mから確認できること。
⑤ 後退灯(バックランプ)※ 昼間に後方100mから確認できること。
⑥ 尾灯(テールランプ)※ 夜間に後方300mから確認できること。
⑦ 後部反射器(リフレクター) 夜間に後方150mから確認できること。

■ 前方装着の作業機の場合

前方装着の作業機の場合の灯火装置および反射器の視認性確認のしかた
  • フロントローダーの場合は、約20cm最下面が地面から上がっている状態で確認してください。

■ 後方装着の作業機の場合

後方装着の作業機の場合の灯火装置および反射器の視認性確認のしかた
  • ロータリーの場合は、約20cm耕うん爪が地面から上がっている状態で確認してください。

確認できない項目は、確認できるように灯火装置および反射器の移設や、増設が必要です。

  • 灯火装置および、反射器の取付けに関しては販売店へご相談ください。

対応部品の一例

灯火器

後退灯火
灯火装置の移設例

反射器

赤色(後面)反射器と白色(前面)反射器
  • 反射器は、反射テープでも可。

取付例

後退灯火の取付け例