エンジン

圧倒的なパワーと高トルクで環境性能も徹底追求。
  • 掲載している写真はヨーロッパ仕様のため、国内仕様と異なる場合があります。

欧州排気ガス規制StageⅤクリアしたエンジンを搭載

パワーテックエンジン

欧州排ガス規制StageⅤ(日本国内特殊自動車排ガス第4次規制相当)をクリアしたパワーテックエンジンを搭載しています。

負荷に応じて、馬力がアップ

IPMモード(Intelligent Power Management)

PTOモード(車速1km/h~)・けん引モード(車速15km/h~)の2つのモードがあり、それぞれの作業時に自動で切り替わります。作業負荷に応じて最大35馬力のパワーブーストを発揮。作業負荷の大きくなる傾斜地や硬い土質のほ場でも作業速度を落とすことなく効率良く作業ができます。

JD-8R410・JD8RX410 エンジン性能曲線(馬力・トルク)

燃焼効率が高く、燃料をムダなく利用。

フル電子制御コモンレール式燃料噴射システム

エンジンは、エンジンコントロールユニットにより、フル電子制御されています。最大2500barの噴射圧力で、細かい霧状の燃料を噴射することにより、エンジン回転全域で安定した出力を発揮できます。

環境にやさしいクリーンな排気ガス。

排気フィルタ

排気ガス内のPM(粒子状物質)を排気フィルタで捕集します。捕集されたPMは最初にDOC(ディーゼル酸化触媒)とDPFによる温度上昇により分解されます。さらにSCR(選択的触媒還元)により、有害な窒素酸化物を中和させ排ガス基準をクリアしています。

排気フィルタの流れ
DPFとSCRの働き