薬剤補給も、残剤排出もラク

箱施用剤ホッパーをユニット着脱式にしました。ホッパー位置が低いので、薬剤の補給がラクにできます。また、ユニットごとのホッパーが工具なしで着脱できるので、残った薬剤の排出が容易で、溝ロール中の残剤までカンタンに排出できます。
残り苗の取り出しや8条の場合は、折りたたみもラクに行えます。

カセット式ホッパー
  • 写真はTS8D

散布口が低く、風雨に強い

散布口高さを、苗マット底面より低い位置に設定。苗に近い位置から散布するため、風などの影響を受けにくく、薬剤のこぼれや飛散が少ない効率散布で、経済性にも優れています。

安定した高精度散布ができる

横溝ロールの採用で、より均一な散布が実現。常時繰り出しによって高精度の散布ができます。

横溝ロールで、均一な散布を実現

操作はカンタン、適応薬剤範囲もワイド

散布量の調節は、メモリを見ながらダイヤルをまわすだけのカンタン操作。散布量の調節範囲も広く、25~80g/箱まで、薬剤に合わせた散布が行えます。

散布量調節ダイヤル

薬剤の詰まりを防止し、雨天でも作業ができる

散布口に、薬剤詰まり防止用のスクレーパを採用。外周のスターホイルが苗の茎葉に当たってスクレーパを回転させ、ノズルをセルフクリーニングします。このため、雨天でも作業でき、計画どおりの田植え同時散布作業が行えます。

スクレーパ
  • 写真はTS-YRJシリーズ

手作業よりキレイに散布

縦送りが8~17mmと散布ピッチが短いため、苗マット全体に、より均一に散布できます。
さらに、散布口の動く範囲が苗マット内だけで薬剤が外へほとんどこぼれません。飛散も少なく、条ごとで確実に散布。均一な散布で薬効が安定し、薬剤コストも低減、残留農薬対策にも効果的です。

あぜ際もスムーズに作業できる

枕地での条止めは、田植機の条止めクラッチとの連動式。あぜ際でも安心して作業できます。

後方散布で安心作業

田植機後部の苗マット内に薬剤を散布するため、運転席への薬剤飛散の影響が少なく、安心して作業ができます。

YRDシリーズ、オープンフレーム構造

オープンフレーム構造(箱施用剤散布機・除草剤散布機)
YR-D(A)シリーズ

散布機を取付けたフレームが開くので、メンテナンスや残り苗の取出しが簡単。作業スペースを確保できます。
また、1本のフレームで箱施用剤散布機と除草剤散布機の両方を取付けられます。