あらゆる作業を精度良く。前輪ホイルの機動力と、後輪クローラの駆動力を持ち合わせ、あらゆる作業を精度良くこなす。

エコトラデルタとは、こんなトラクターです!

ホイルトラクターが4つの「点」でほ場に接地しているのに対し、エコトラデルタは前輪2点と、後輪クローラの広い面で接地しています。
そのため・・・

ホイルトラクター 前・後輪、4つのタイヤが地面に設置|エコトラデルタ 後輪クローラが広い面積で地面に設置

低接地圧で走破性が高く、降雨後の軟弱地でも作業ができる-接地圧は、ホイルトラクターの約3分の1-

前輪に比べ、大きな荷重がかかる後輪はクローラなので、広い面で接地し荷重を分散。ホイルトラクターの約1/3の低い接地圧で沈み込みが少なく、湿田や軟弱地で優れた走破性を発揮します。

広い接地面で荷重を分散

常に地面に追従し、強いけん引力で重作業機でも余裕の作業 -けん引力は、ホイルトラクターの約1.3倍-

地面にピッタリ追従する揺動式のクローラを搭載。さらに、前上がりを抑制することで強いグリップ力を実現し、負荷が大きくなってもスリップせずに作業ができます。

常に地面に追従!!

強いけん引力を発揮する揺動式

2リンク式揺動部〔車軸別軸式〕

ほ場の凸凹に合わせて揺動する(①)ことで作業姿勢が安定し、リンクを介して本機重量がかかる(②)ことで、さらに前上がりを抑制します。広い接地面をフルに活かすことで強いけん引力を発揮します。

作業姿勢が安定し、仕上がりがきれい

揺動式クローラと長い接地長の相乗効果で、ほ場の凹凸にも影響されにくく、常に安定した前後姿勢を保ちます。作業機の上下動が小さく、代かきや播種など、精度が求められる作業もスムーズに行えます。

稲作の場合

ロータリーの上下動が少なく、耕うん時の深さが安定するので、後作業の田植えの作業精度も上がります。

エコトラデルタ
上下動が小さくなだらか
ホイルトラクター
トラクターの上下動が大きい
  • イラストはイメージです。

畑作の場合

散布機の上下動が少なく、安定した散布が行え、生育ムラを抑えることができます。

エコトラデルタ
エコトラデルタ 上下動が小さく散布量が安定
ホイルトラクター
ホイルトラクター 上下動が大きく散布ムラが発生

ランニングコストを低減する高い耐久性とメンテナンス性

2リンク式揺動部〔車軸別軸式〕

軽負荷時はクローラの芯金とスプロケットが直接金属接触しない駆動方式を採用。重負荷時はスプロケットの突起部でクローラの突起を押し、トルクをしっかり伝達します。
また、2リンク式揺動で、下4つの支点でフレームにかかる負荷が分散されフレームやブッシュの耐久性が向上しました。

耐久性の高い新駆動方式|4つの支点で負荷を分散

低振動・低騒音を実現。

スプロケット駆動

振動・騒音を低減し、耐久性もアップ。
とくに水田作業におすすめです。

クローラとスプロケットが金属同士で接触しないため、低振動・低騒音で走行可能。

関連情報

作業機付きトラクターの道路走行について(早わかり)

必要な対応を行うことで、トラクターに作業機を装着したまま道路走行ができるようになりました。必要な対応は、「早わかりシステム」でカンタンにご確認いただけます。

YT222・YT225・YT228(J)・YT232(J)についてのサポート・お問い合わせ