• SMARTASSIST スマートアシスト ICTで、これからの農業に「見える化」を。

農業は、最先端の情報通信テクノロジーを手に入れた。

スマートアシストは、生産者をトータルでサポートするソリューションです。

GPSアンテナと通信端末を活用して、農機の稼働状況やコンディション情報をリアルタイムに収集。お客様の農機を見守るとともに、常に最適なコンディションでお使いいただくことで、農機のトラブルを回避。農機管理の省力化、ライフサイクルコストの低減を実現します。

また、農機の稼働状況や作業内容のデータをコンピューターで管理・活用することで、作業改善や栽培計画の合理化・効率化をサポートします。

ビジネス的にも、環境的にも、進化した農業へ。

食の安全・安心に対する関心の高まりや、農業の構造改革に伴い、農業経営も時代のニーズにあわせた変化を求められています。
より高い収益を、より低い環境負荷で実現する「持続可能な農業」こそ、ヤンマーが目指すこれからの農業のカタチ。
ハードとソフトをかけあわせ、経験や勘に頼っていた部分をICTで「見える化」することで、ビジネスとしての農業を進化させていきます。
「農家の方たちを楽にしてさしあげたい」。
創業者・山岡孫吉の思いは、「農作業」だけでなく「農業経営」も効率化させていくスマートアシストにも受け継がれています。

そのテクノロジーは、さまざまな領域へ広がっていく。

スマートアシストのテクノロジーは、さまざまな分野に応用が可能。
現在、建設機械にも搭載されており、ヤンマーはこれから、その技術をマリンプレジャーをはじめさまざまな製品へと展開していきます。

  • 画像はイメージです。

スマートアシストの特徴、主要テクノロジー

農機が稼働制限範囲を越えたらメールで知らせ、盗難抑止する盗難抑止見守りツール。

稼働診断保守サービスで、カルテに基づき稼働状況に応じたメンテナンスをご提案。

エラー情報通知サービスで、万一の機械トラブルでもエラー箇所を早期に把握。

機械の稼働状況を「見える化」。効率活用や経営改善につなげる稼働状況管理ツール。

農機から自動送信される稼働情報をもとに作業日報作成をサポート。農作業の効率化をサポートする作業日報作成ツール。

稼働機情報と連動し、生産履歴が管理できるソリマチ(株)のフェースファーム生産履歴と稼動情報を連携。

関連情報

特集YTシリーズ量産化 インサイドストーリー

Chapter8 農業ICTの浸透を象徴するつながるサービス「スマートアシスト」