東日本大震災に因る原子力発電所の停止に伴う電気代値上げ、燃料や材料の高騰によって、国内の製造メーカーを取り巻く環境は厳しさを増しています。そのため製造コスト低減に繋がる省エネ技術の導入だけではなく、今後は発電設備を導入する製造メーカーが増えていくでしょう。製造メーカーは発電設備として、太陽光発電のような再生可能エネルギー以外に自社から出る排熱利用発電にも注目する時代が到来しています。

排熱利用の発電として、バイナリー等のランキンサイクル発電や熱電発電は日本が世界をリードする排熱利用発電の選択肢となりつつあります。なかでもスターリングエンジン発電設備は、施工工事も比較的簡単で、ヒータ部を排熱に接触させ、クーラ部に工業用水を供給することで、発電ができるというシンプルな発電設備です。しかしながら、今日までスターリングエンジン発電は、排熱利用の事例が世界的にも少なく、排熱利用技術としての認知度は低く、排熱利用発電の選択肢になっていませんでした。

スターリングエンジン発電設備を幅広い業種の排熱利用発電の選択肢として頂くために、eスターはヤンマーグループの傘下となり、生まれ変わりました。

皆様におかれましては、今後とも一層のご支援ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

株式会社eスター 代表取締役

赤澤 輝行