しまね大交流会2019に出展!

2019年11月20日
ヤンマーキャステクノ株式会社

来訪いただいた学生の皆様、有難う御座いました

2019年11月16日(土)、松江市内にて「しまね大交流会2019」が開催されました。
「ワカモノのための県内最大級のイベント」と位置づけられた会場には、山陰・島根の民間企業が約150社、官公庁など約20団体だけでなく、「学び」「魅力発信」「イノベーション」を目的に、この交流会を主催・協賛する島根大学や島根短大、松江高専の研究室や学生団体など約50団体がブースを出展するなど、相互の交流を深める場となりました。
ヤンマーキャステクノは、YANMARの幟旗と香川選手やセレッソ大阪のユニホームなどでブースの外観を飾るとともに、ピストンやシリンダーヘッドの模型展示、3次元CADによる模型設計や3D凝固シミュレーションなどを用いて、訪れた学生に当社の魅力を伝えました。
一方、当社がヤンマーの舶用・陸用ディーゼルエンジンの鋳造部品を製造している学生は少なく、また来訪される学生が少なかったことなど、今後の企業PRや出展に対する工夫した取り組みが課題として残されました。
当社ブースに足を運んでいただいた学生の皆様に、あらためて御礼申し上げますとともに、今回ご来訪いただけなかった皆様には、次の機会には是非、ヤンマーキャステクノのブースにお立ち寄りいただきますようお願い申し上げます。

以上

  • ニュースリリースに記載されている内容は、記者発表時点のものです。最新の情報とは内容が異なっている場合がありますのでご了承願います。

過去のニュース一覧