営農情報

スマート農業、本格始動! スマート農業で解決「播種・移植」(オート田植機)

・誰でもまっすぐ楽に植えたい・人手が足りない!労働力を減らしたい・資材コストを抑えて規模拡大したい→オート田植機なら、密苗×フルオートでオペレータも、補助者も楽になる!

直進も、旋回も、フルオート

オート田植機

YR8D,A(8条植え)

旋回時のハンドル操作もオート。連続自動作業で長時間作業もラクです。誰でもまっすぐに植付けでき、神経を使う操作は一切不要です。

密苗

誰でもまっすぐの田植えを実現

自動直進

基準線に沿って自動で直進走行。田植えをまっすぐ行うことに神経を使う必要がなくなります。RTK方式により、次工程でも植付条間を一定にします。

自動旋回で長時間作業の運転疲労も軽減

自動旋回

直線距離の短いほ場でも自動走行が使える。

直進距離が短いほ場でも連続作業が可能に。「すこやかターン」との組み合わせで自動植付作業領域が増え、作業能率もアップ!

密苗でさらに効率アップ

育苗箱数が減り、育苗コストや管理・苗運搬作業の労力の削減ができます。

密苗のメリット

育苗箱数1/3
育苗資材費1/2
播種・苗運搬時間1/3
管理方法は従来とほぼ同様
  • 水稲30ha経営で、播種量を慣行100g/箱、密苗300g/箱として試算した場合。

2019年6月発行「トンボプラス14号」より転載

スマート農業、本格始動! ページ一覧

営農情報一覧ページに戻る