営農情報

スマート農業、本格始動! スマート農業で解決「収穫」(情報支援機能付コンバイン)

・ほ場ごとの収量を知りたい・施肥の効果を知りたい・コンバインの稼働率を上げたい→ほ場ごとの収量データを集計・管理して、翌年の栽培計画に活用できる!

収穫しながら収量などのデータを測定できる

情報支援付きコンバイン

YH6101[Y仕様]・YH6115[I仕様]・YH7115[I仕様]
I 仕様=収量の測定
Y仕様=収量・水分の測定

スマートアシストを使い、登録したほ場での収穫量や作業時間などを自動でお客様専用Webサイトに記録・蓄積します。
作業後は、機械の稼働軌跡を基に情報の修正登録も簡単。ほ場ごとの収穫情報をパソコンで一括して集計・管理でき、これからの作業計画に活かせます。

YH6115

収集量や作業時間の集計・分析が一目瞭然で活用しやすい

スマートアシストの「各種管理ツール」を使って、簡単にグラフ化・見える化できます。

ログイン画面

収穫量情報

収穫量分析
(マップで見る)

収穫量分析
(グラフで見る)

リモートセンシング+情報支援機能付コンバインの作業の流れ

ほ場から、タイムリーに記録できる

スマートフォンのアプリを使えば、ほ場からタイムリーな情報の記録が可能です。

2019年6月発行「トンボプラス14号」より転載

スマート農業、本格始動! ページ一覧

営農情報一覧ページに戻る