1.密苗の目標とする苗姿。

苗丈10~15cm 本葉の葉齢2.0~2.3葉
写真は播種後2週のコシヒカリ
(乾籾300g(催芽籾375g)播種)
よい密苗

良い密苗

①苗丈10~15cm。
②葉身の幅が狭く、生き生きした緑。葉身は鋭角な太刀のようにやや曲がる。乾物重は10mg程度。
③1葉の高さが1箱すべて揃っている。葉身の幅が広く浅い緑。
④第1鞘高長は4~51cm。
⑤不完全葉。
⑥腰は細すぎず1mm以上。
⑦鞘葉は1cm程度。
⑧メソコチルは伸びが少ない(2mm程度)。
⑨第1節から冠根(活着のための根)の発根準備ができている。第1節の根原基は7~8本抽出直前の状態。
⑩籾の胚乳はわずか(5~8%)だが残っている。
⑪種子根(1本)と5本の冠根が伸び、箱の底に根が巻いている。根につやがある。

密苗は育苗期間が短いことから、慣行の稚苗に比べると、苗丈が小さく、葉の展開が少なく、根が小さい状態です。

育苗期間

  • 目安は2~3週間です。
  • 寒冷地や早期作型では長めに、温暖地や晩期作型では短めになります。
  • 品種、移植時期を勘案して、育苗スケジュールを計画しましょう。

苗姿

  • 葉齢2.3を越えて育苗日数を長くおくと、苗の生育が停滞し、移植後の活着遅れのリスクが高まります。
  • 慣行稚苗と同様ですが、苗丈が短すぎ、長すぎの場合、植付精度が劣ります。
乾籾300g(催芽籾375g) 播種(播種後2週) → 十分な強度の根マットになります。

2.種子消毒は適切に実施しましょう。

(1)種子消毒は必ず実施してください。

密苗は1箱で大面積を移植するため、育苗期における病害発生の影響が甚大になります。

種子消毒
温湯消毒
薬剤消毒

ポイント

  • いもち病やばか苗病などを防ぐため、必ず種子消毒を実施しましょう。
  • 温湯消毒、薬剤消毒どちらでも大丈夫です。
  • 温湯消毒の場合は、60℃のお湯に10分間浸け、その後冷水にさらしてよく冷やします。
  • 詳しくは、温湯消毒機の取扱説明書をご覧ください。薬剤を使用する場合は、ラベルに記載してある使用方法に従ってください。
ここに注意!密苗の場合は、苗1枚で広い面積に移植するため、確実に種子消毒を行い病気を防ぎましょう。

(2)慣行と同様の育苗培土が使用できます。

無チッソでは苗丈の伸長が劣ります。

ポイント

  • 初期生育を促進し、肥料切れを防ぐために、窒素成分が1箱当たり1.5g~1.7g含まれる床土をお使いください。
  • 肥料成分やpHが調整されている、「ヤンマー水稲培土」がおすすめです。
ヤンマー水稲専用育苗培土
稲の育苗用として最適な状態に調整された床土で、安心してお使いいただけます(日本国内の推奨品)。※「暖地用」と「寒地用」があります。

(3)床土を調整しましょう。

密苗は種籾層が厚くなります。覆土があふれるようなら、床土を少し減らしてください。

密苗の育苗箱断面図

ロックウールマットについて

ロックウールマットは、軽量、保水力が大きいなど育苗培土と異なる特性があります。
初めて使用される場合は以下の点に注意してください。

ロックウールマット
苗づくり
  • 土壌の拮抗菌の作用が少なくカビが発生しやすいので、種子消毒・播種時の殺菌剤施用は適切に行ってください。
  • 播種前にたっぷりかん水してください(2L程度/マット)。
  • 出芽時に覆土の持ち上がりが起きやすいので、覆土は多めにしてください。
  • 生育が遅れる場合があるので葉齢・草丈に注意しながら、かん水・温度管理を適切に行ってください。
移植作業

かき取る苗が軽いので、苗のすべりをよくするために、かん水を十分にしてください。

  • ロックウールマットでの密苗作付けにあたっては、マット製造メーカーもしくは各地のJA指導員、普及員へご相談ください。

3.揃ったハトムネ催芽で播種しましょう。

催芽は、揃った苗にするために、密苗では特に重要です。

適切なハトムネ催芽。芽長1mm弱で揃っている。
芽が伸びすぎ。播種時に折れるおそれがある。
催芽不足。ハトムネになっていない。
根が伸びすぎ。根がからんで均一に播種できない。

ポイント

  • 慣行と同様に催芽をします。
  • 品種にもよりますが、積算温度は100℃になるように調整してください。
  • 催芽機を使って、13℃の水に5~6日浸け、その後30℃の水に1日浸けます。
20℃以上の水を使って短期間で催芽したり、10℃以下の水を使ったりすると、発芽不良の原因となります。全ての種子から芽が出るまで浸けてしまうと、最初に出た芽が伸びすぎてしまいます。特に最後の1日目はこまめに様子を確認しましょう。

ここに注意!!

芽が伸びすぎた!

朝、催芽機を覗いてみると、籾の一部から芽が出ていました。全体的に芽を出させるため、もう少し置いたほうがいいかな?と思い、昼過ぎまで催芽を続けると・・・
なんと、芽が1cmも伸びていました。

これでは、播種機のロール部に詰まってしまい、播くことができません。催芽の状態はこまめにチェックして、芽の出しすぎには注意しましょう。

4.試し播きで播種量を確認しましょう。

密苗の場合、播種量は1箱当たり、乾籾250~300g(催芽籾312~375g)です。一般に脱水籾の重量は乾籾重の1.25~1.3倍。つまり、乾燥籾300gは脱水籾で386.5gになります。

1.乾籾3kg袋。
2.催芽籾を脱水。
3.脱水した催芽籾の重さ3.8kg。
4.試し播きを行い、安定したところでセットする。

ポイント

  • 試し播きをして、培土の量と種籾の量を確認します。
  • 覆土が溢れるようなら、床土の量を若干減らします(覆土の量を減らすと転び苗の原因となります。必ず床土の量で調整しましょう)。
  • 苗立枯病を防ぐため、薬剤を同時散布しましょう。
  • かん水量は慣行と同量でかまいません。
  • 育苗箱内にムラなく均一播種してください。ムラになると欠株になりやすくなります。

手播きをしたら…発芽にムラが出た!

芽が伸びすぎて播種機を使えないので、手播きで密苗に挑戦。庄土入れ→播種→かん水→覆土まで、全て手作業で行いました。
1箱分ずつ種籾の重さを量り、手で均一に播いていきますが、非常に時間がかかりました。やはり、機械の精度にはかないません。覆土もまばらだったのか、発芽にムラが出てしまいました。密苗は播種機を使用することを強くおすすめします。

ここに注意!!

苗が枯れてる!

播種時に薬剤散布をしなかった密苗です。発芽が不揃いで、土から酸っぱい臭いがします…土を掘ってみると、種籾にカビが生えていました。

ハウス内の室温が高く、さらに古い床土を使用したため、苗立枯病が発生してしまったようです。播種時には薬剤散布をし、高温・多湿を避けるために換気を十分にしましょう。

5.育苗期は適切な温度、水管理で健苗を育てましょう。

(1)加湿出芽

ポイント

密苗の芽出しは育苗器の使用、平置き、どちらでも可能ですが、短期間で均一な芽揃いにするため、育苗器の使用をおすすめします。設定温度、べたがけ資材、出芽期間は慣行と同じでかまいません。育苗器で2~3日、平置きで4~5日で出芽します。今回はスチーム式育苗器を使用し、3日目で約1cm芽が出ました。ここまで芽が出たら、ハウスに並べます。

出芽時の様子
徒長しにくい、ずんぐりとした苗に仕上げるには出芽がポイントになります。ここで1cm以上伸ばしてしまうと、腰が高くなり徒長しやすくなります。こまめにチェックして芽を伸ばしすきないようにしましょう。

育苗器を使って揃った苗に仕上げる

短い育苗期間で揃った苗に仕上げたいので、特に寒冷地や早期作型では加温出芽を推奨しています。

育苗器の製品情報

育苗器

(2)育苗緑化

ポイント

慣行栽培と同様、手かん水・プール育苗どちらでも行うことができます。全体的にきれいに芽が揃ってきたら、葉齢2~2.3葉、草丈10~15cmに育てます。徒長しにくく、病気を防ぐために、1~1.5葉になったら寒くても1日中窓を開けて換気しましょう。

ここからは、徒長や苗立枯病、ムレ苗に十分注意してください。うっかり高温に当ててしまうと、一発で徒長してしまいます。換気を十分に行いましょう。
育苗緑化

ここに注意!!

ポイント

  • 苗が伸びてくると、覆土を持ち上げてしまうことがあります。そのようなときには、昼までかん水せずに土の表面を乾かします。その後、ホウキなどで表面を軽くたたいて土を落としましょう。
  • 土を落とす前に水をかけてしまうと土が流れるため、もう一度土をかける手間がかかってしまいます。覆土がかかったままの部分は日光が当らず、生育の不揃いの原因になります。

プール育苗でのポイント

  • プール育苗の場合は、1.5葉が展開したタイミングで入水しましょう。
  • 入水する際は、芽の生長点が酸欠にならないよう、苗箱のフチまでにとどめましょう。
  • プールをできるだけ平らにしましょう。水が深い部分があると、その部分だけ生育が遅くなってしまいます。
  • 水を継ぎ足す方法では古い水が混ざり、水が腐ってしまいます。水が完全になくなってから入水しましょう。
ここに注意!手かん水の場合は、乾き具合に注意しましょう。密苗は厚まきのため慣行苗に比べて乾きやすくなります。
プール育苗

育苗時は、ここに注意!

1.高温状態が続くとムレ苗が発生。特に温暖地では注意しましょう。

ムレ苗

2.寒冷地や早期作型は、緑化期の保温に努めましょう。

低温が予測されるときは、不織布などで被覆

3.育苗後半は蒸散量が多くなります。好天時は十分にかん水しましょう。

かん水チューブによるかん水
育苗後半、密苗が完成に近づいた、と油断していると・・・ムレ苗が発生してしまいます。ムレ苗は他の苗箱にも蔓延するので、見つけ次第すぐに苗をハウスの外に出さなければいけません。予防のために、播種時に薬剤散布をするようにしましょう。また、1~1.5葉になったらハウスを昼夜開け、高温・多湿対策をしましょう。

(3)育苗(硬化)

  • 硬化は育苗の最後の段階です。環境の変化に適切に対応してしっかりとした苗に仕上げましょう。気温は日中:20~25℃、夜間:12~15℃程度を目標に温度管理を行います。密苗の場合は、日中:25~30℃・夜間:15~20℃に保つようにします。
  • 寒い夜はビニールを閉じて保温。さらに寒い場合(12℃以下になる場合)は、コモなどで被覆保温に努めてください。
暑い日はビニールを開ける。寒い夜はビニールを閉じて保温。さらに寒い場合(12℃以下になる場合)は、コモなどで被覆保温に努めてください。

よくある事例

高温障害

一部芽が出ていなかったり、黄色くなっていたりする部分があるときは、ハウス内の室温が高すぎたことによる高温障害によるものです。
こうなると、もう芽は出てこなくなり、苗も伸びません。苗は低温には非常に強い(霜が下りても大丈夫)ですが、高温に非常に弱いです。

これで解決!換気を十分に行って、ハウス内が高温多湿になるのを防ぎましょう。

徒長苗

第1葉までの茎が伸びすぎ、徒長苗になってしまう場合があります。
密苗は厚播きのため茎が太くなりにくく、上に伸びやすくなります。慣行苗よりも徒長しやすいため注意しましょう。
また、徒長すると根張りが悪く、田植えに適さない苗になってしまいます。
芽出しが完了したら、忘れずに朝からハウスを開けて換気しましょう。

これで解決!こまめにチェックして、芽を伸ばしすぎないようにしましょう。

老化苗

全体的に黄色く、肥料切れを起こす老化苗は、田植え後の活着が悪く、苗が枯死してしまうこともあります。
追肥するという手もありますが、コストと手間がかかってしまいます。密苗でコスト削減・省力化に取り組んだ意味が薄れてしまうでしょう。15~20日の適期(苗丈10~15cm、本葉の葉齢2.0~2.3葉)に田植えをするようにしましょう。

これで解決!適切な育苗期間を設定しましょう。25日以上置いてしまうと、厚播きのため肥料切れを起こし、苗が黄色くなり老化苗になってしまいます。
播種から約30日が経った苗

「密苗」栽培のポイント ページ一覧