ホタテとレタスのオイスター炒めできあがり1

材料(4人分)

ホタテ貝柱 10個
セロリ 60g
パプリカ(赤) 1/2個
エリンギ 1/4パック
白ネギ 20g
ショウガ 10g
レタス 200g
適量
サラダ油 適量

(a)

塩・コショウ 各少々
小さじ1
卵白 小さじ1
片栗粉 小さじ1

(b)

オイスターソース 30g
濃口しょうゆ 小さじ1
小さじ1
砂糖 小さじ1/4
片栗粉 小さじ1/4
コショウ 少々

つくり方

1.ホタテは厚みを半分にし、(a)を順に加えてよくもみ、下味をつけます。

2.セロリは筋を取り、ひと口大に切ります。パプリカ、エリンギも同じ位の大きさに切ります。

白ネギは1cm幅に切り、ショウガは1cm角の色紙切りにします。

  • セロリは筋があるので、筋を取ってから切ります。
セロリの筋を取る

3.鍋に湯を沸かし、塩と少量のサラダ油を入れ、セロリ、パプリカ、エリンギ、「1」の順にサッとゆでて水気を切ります。

  • 材料を油で揚げて下ごしらえをするより、ゆでる方が少量の油ですむので、カロリーが気になる方にもおススメです。
野菜をゆでる

4.フライパンにサラダ油を入れ、弱火で白ネギ、ショウガを炒めて香りを出します。

  • 白ネギやショウガを炒めるときは、香りを出すために、弱火でゆっくり加熱します。

5.「3」を加えて強火で炒め、ひと口大にちぎったレタス、(b)を加えて手早くからめ、器に盛ります。

ホタテとレタスのオイスター炒めできあがり2

ワンポイント

ホタテ貝柱の他に、イカ、エビ、鶏ササミなどでも代用できます。
オイスターソースはカキ油のこと。中国語ではハオユー。
カキを塩ゆでしたときに出る煮汁を煮詰め、小麦粉などのデンプンでトロミを調整して砂糖、カラメルを加えてつくられます。
家庭でも本格的な味が出せる便利な調味料です。

使用作物の育て方

レシピ提供:大阪ガスクッキングスクール