ヤンマーバイオディーゼルコージェネレーション

製品の特徴

  1. 発電出力:25kW
  2. 燃料 FAME/SVO
  3. 高発電効率:35%(※1)[インバータ連系
  4. 最大8台まで一つのコントローラで複数台運転が可能です。
  5. 省エンジニアリングを実現します。
    パッケージ内にエンジン・発電機・系統連係用インバータ・熱交換器を内蔵し、現地施工を大幅に軽減します。
  6. 廃食油利用によるカーボンニュートラルの適用によりCO2削減に貢献します。

カーボンニュートラルの考え方

バイオディーゼル燃料とは:

植物性廃油から作られるトラックやバス等に使用する軽油の代替燃料です。
バイオディーゼル燃料を燃焼し、大気中にCO2を排出しても、燃料の原料となる植物が成長する際に光合成により大気中のCO2を吸収するため、CO2の増減に影響を与えません。

FAME燃料とSVO燃料

FAME(脂肪酸メチルエステル)

FAME(脂肪酸メチルエステル)

SVO(ストレートベジタブルオイル)

SVO(ストレートベジタブルオイル)

バイオガスディーゼルコージェネ設備システム例

SVO(ストレートベジタブルオイル)用

SVO(ストレートベジタブルオイル)用

FAME(脂肪酸メチルエステル)

FAME(脂肪酸メチルエステル)

関連情報

廃食油をエネルギーに変える バイオディーゼル発電の可能性(前編)

廃食油を燃料に、電気をつくる仕組みとは? ヤンマーの再生可能エネルギー事業へのチャレンジに迫ります。

ヤンマーバイオディーゼルコージェネレーションについてのサポート・お問い合わせ