社員紹介②

【職種】
卸ルート営業

【入社年度】
2011年

【出身学部】
生物産業学部

現在の仕事内容

いまは栃木県北部を担当させていただいています。特約店・販売店への卸販売業務とはどんなものなのか、お店の方と一緒になってどうやればヤンマーの農業機械が拡販できるのか、日々アイディアを求められる毎日です。

今の仕事のやりがい

ヤンマー商品に詳しいだけでは勤まらないということが、最近少しだけ分かってきました。モノを売るテクニックや手法はもちろん、商取引における法規・経理業務の知識等と幅広い知識を求められます。 興味を持つ対象が増えれば増えるほど、特販店の経営者の方達との会話(商談)が興味深くなっていき、毎日充実した日々を過ごしています。

この会社に決めた理由

所属していた大学の研究室と、大学のキャリアセンターの両方から勧められました。同期と比べても一番はやく内々定が出ていたようですが、大学のOBが多数就職していたというのもあって心強く感じ、迷うことなく就職先として決めていました。

今後の抱負

まわりの方々、とくに同じ職場の先輩には迷惑をかけどおしなので、知識を広め・深め、早く特販店の方々に良い提案が出来るよう成長したいと思っています。

会社の印象について

まわりに若手の先輩・同期が多いので、わりと開放的に思えます。また5ヶ月間の研修期間中、寝食をともにした同期の仲間とは、とくに仲良くやっています。

上司・先輩からひとこと

いままで学んだ農業の知識に、研修期間で学んだ機械の基礎知識・取扱い方。それに今の調子でどんどん興味の幅を広げていけばきっと優秀な「販売部員」になれます。特販店の店主の方との会話の幅もより広がって、とても良い協力関係が築けるのではないでしょうか。私も負けないようにがんばります。(先輩K)