社員紹介④

【職種】
サービス

【入社年度】
2010年

【出身学部】
工学部

現在の仕事内容

整備担当者にはよりお客様に近い支店の整備工場に配属されている人もいますが、私は整備を専門に行う熊谷のアグリサポートセンター(大型の整備工場)に配属となりました。そのどちらも小さい機械から大きな機械まで、どんな構造のものも整備・修理出来ることが要求されます。自分も社会人として、ヤンマーの社員として日々勉強を重ねています。

今の仕事のやりがい

農家でお使いいただいている機械の整備依頼は、支店・特約店・JAルートを通じてやってきます。先輩からは「技術的な知識を豊富にするほど、こなせる仕事も増えるし、信頼も得られるようになる」と言われます。自分が整備をした機械が調子よく動き、お客様から「よく見てくれてありがとう」などと声を掛けられることも多くなってきました。

この会社に決めた理由

大学で機械工学を学んだ為、機械が扱える整備などの仕事をしてみたいと思っていました。また実家が農業を営んでおり、その影響で昔からヤンマーを知っていました。将来的には身に付けた整備の知識を実家で活かせるのではと思ったのも理由の一つです。

今後の抱負

お客様の要望に応えるために「技術力を身に付ける」ことです。その証として資格取得も目指しますが、整備士資格には「農業機械整備技能士」という国家資格をはじめ、「ヤンマー整備士」というヤンマーグループ独自の制度もあります。1級取得を目指してステップアップしていきたいです。

会社の印象について

今の職場しか知らないので、全体的なことが言えないのですが、まじめでコツコツと仕事をこなす人が多いな、というのが印象です。もっともこうした堅実な働きが認められて、お客様の信頼感が得られているのではないでしょうか。私も早く戦力の一員になって貢献したいと思っています。

上司・先輩からひとこと

ひとつひとつ着実に技術を習得していって下さい。それから分からないことが出てきたらその場で「分からない」とアピールすること。黙って自分で判断する必要はありません。仕事はチームワークが大切。あせらず頑張っていきましょう!(センター長S)