社員紹介⑤

【職種】
サービス

【入社年度】
2007年

【出身学部】
工学部

現在の仕事内容

現在、日本農業の変化に伴って増加している、「担い手農家」と呼ばれる大型のプロ農家さんへの機械・農業・農政に関する情報提供や、修理・整備のサポート体制確立、営業社員への支援活動に努めています。

今の仕事のやりがい

以前は同じアグリサービス部の中でも、展示会などのイベントの運営や、技術対応・指導を主とする「技術サービス部」に所属していましたが、現在の「アグリプロ推進部」に異動となりました。
勤務先は以前と変わらずカンパニー本社ですが、会社として力を入れている部門であること、そして日本農業の未来を担う大型農家さんのサポートをする仕事であるという責任とやりがいを持って日々の業務に取り組んでいます。

この会社に決めた理由

大学で専攻した関係もあって機械が好きだったのはもちろんのことですが、やはり技術力に定評のある「ヤンマー」の名前に惹かれました。やはり「農家の機械はみなヤンマー♪」に尽きると思います。その名に負けない技術を身に付けて、お客様のために奉仕したい・喜んでもらいたい、そう思ったので選びました。

今後の抱負

農業機械の種類は、多種多様。稲作用から畑作用、小さなものから大きなものまで機械の存在を覚えるだけでも大変です。構造から修理方法まで「機械のことなら何を任せても安心」と言ってもらえるよう、日々努力して行きたいです。
また、大型担い手と呼ばれるプロの農家さんをサポートする部門ですので、機械以外にも農業や農政、そして社会情勢などにもアンテナを張り巡らせて、より良いご提案をしていきたいです。

会社の印象について

任せてもらえる分野が多いのが特徴です。言い換えれば単に仕事量が多いだけですかね(笑)。それと関東甲信越一円に出かける機会があるので、あちこちに知り合いも増えています。
それからいつも驚くのは、例え自分が足を踏み入れたことがない地域でも、ヤンマーの作業服を着ているというだけで農家さんの方から気さくに声をかけてもらえることです。先輩方が連綿と築いてきた「ビッグネーム」にびっくりの連続です。

上司・先輩からひとこと

入社後、二度も不慮の交通事故(いずれも軽い車両接触で済みましたが・・・)に見舞われましたが、幸いケガもなく、あなたの強運とタフさ、それでも仕事先に向かおうという責任感には感服しました。これからも持ち前のマジメさで技術の習得に努めてください。なお、今後はくれぐれも事故には気をつけてくださいネ。(先輩T)