青椒牛肉絲できあがり1

材料(4人分)

牛肉(網焼き用) 200g
ショウガ 6g
茹でタケノコ 50g
ピーマン 5個
赤ピーマン 1個
ゴマ油 小さじ1
サラダ油(手順「1」用) 大さじ1
サラダ油(手順「3」「4」用) 適量

(a)

塩・コショウ 各少々
大さじ2
しょうゆ 小さじ1
1/3個
片栗粉 大さじ1

(b)

大さじ1
しょうゆ 大さじ2
オイスターソース 大さじ1
砂糖 大さじ1
大さじ3
片栗粉 小さじ2/3

つくり方

1.牛肉は細切りにし、(a)を順に加えてもんで下味を付け、サラダ油をからめます。

下味の調味料は手でしっかりともみ込みましょう。
下味を付けることにより、肉の旨みを閉じ込め、食感が柔らかくなり、ボリュームもアップします。

牛肉の下味を付ける

2.ショウガはせん切りにします。
ピーマンは種を取り、4~5cm長さ5mm幅に切り、タケノコも同様に切ります。

  • 青椒牛肉絲の「絲」は細切りの意味。材料の切り方をそろえることで、見た目もきれいに仕上がります。
ピーマン・ショウガ・タケノコのせん切り

3.フライパンにサラダ油を入れて温め、「1」を広げて入れ、強火で炒めて取り出します。

牛肉を入れたらすぐには触らずに、じっくりと焼くようにすると、きれいに、おいしく仕上がります。

4.「3」のフライパンにサラダ油を足し、ショウガを加えて弱火で炒め、香りを出します。
タケノコ、ピーマンを加えて強火で炒め、「3」を戻し入れます。

5.(b)の調味料を加えて炒め、トロミがつけば、ゴマ油を加えて器に盛ります。

炒める前に、(b)の調味料は必ず合わせておきましょう。

  • ご家庭で火力が弱い場合、2人分ずつ2回に分けて炒めると、シャキッとした仕上がりになります。
青椒牛肉絲できあがり2

ワンポイント

「青椒肉絲」はもともと辛味を効かせて仕上げる四川風が発祥と言われています。
最近は甘辛く調味される広東風がポピュラーになっています。
おいしさのコツは、肉の旨みを閉じ込め、野菜はシャキシャキッと仕上げること。
牛肉を豚肉に代えると、「青椒肉絲」(チンジャオロースー)になります。

使用作物の育て方

レシピ提供:大阪ガスクッキングスクール