農業生産性の向上を実現

機械設備とコンピューター設備により、選果・出荷を選果場で行います。
作業の分業化により生産者は収穫・栽培管理に専業出来る為、農業生産性の向上が図れます。

青果物(果実・野菜)を平等に評価

コンピューターによる画像処理や内部品質判定により、平等に評価を行います。評価データはオンラインで精算業務の効率化が図れます。

高付加価値作物で市場要求に応える。

内部品質計測装置を備える事で、非破壊で『味』を区分でき、消費者や市場要求にこたえる、高付加価値販売が可能です。
トレーサビリティシステムの導入・活用、衛生的な作業環境と品質管理で食の安全、信頼に応えます。

生産技術向上へのツール

データベースに蓄積された選果結果を分析する事で、生産技術の向上が図れます。

環境にやさしい農業を目指して

出荷拠点の集約化により、選果・包装並びに輸送の効率化が図れます。
電力・燃料といった環境負荷低減が可能です。