収穫

ムダなくスムーズに。
  • 掲載している写真はヨーロッパ仕様のため、国内仕様と異なる場合があります。

ワイドな刈取プラットフォーム

コンバインの刈取り作業において、特に品質と信頼性が問われるヘッダー部分には、ジョンディアの世界に誇る技術を結集。耐久性に優れ、鋭い切味を維持できるように設計されています。

600Rシリーズ

1996年以降65万台の出荷実績を誇る600Rシリーズは、継続的なテストの実施により、比類のない信頼性を獲得。大径オーガ、ステンレスフィードプレートなど、期待に応え得る機能を備えています。

600Fシリーズ

地面の起伏に対して15cm幅で追従可能なフレキシブルな刈取りを実現。地面に近い所から刈取る必要がある作物に適しており、キャビンから直接調整することができます。

■プラットフォームの主要諸元

販売型式名 刈幅(m) 収穫幅(m) 全幅(m) 機体重量(kg)
固定刈取
(600Rシリーズ)
JD-616R 4.8 5.0 5.1 1560
JD-618R 5.5 5.7 5.8 1691
フレックス刈取
(600Fシリーズ)
JD-616F 4.8 4.9 5.6 1610
JD-618F 5.5 5.6 6.3 1664

テーブルの奥行が調整可能

作物の条件に合わせてテーブルの長さを3段階で調整できます。(600Rシリーズのみ)

耐久性に優れた刈取部

刈取部は、耐久性に優れ、悪条件のほ場やさまざまな作物に幅広く適応でき、より速い刈取り作業を実現しました。

ステンレスフィードプレート

刈取部のフィードプレートは塗装や研磨が不要なステンレス製で、汚れに強く、髙い耐久性を備えています。

刈刃

刈取りをする際に自動的にナイフが研がれ、常に鋭いナイフ状態を維持します。ナイフの交換もボルトを外すだけで簡単に交換できます。

スムーズに収穫。フィーダーハウス

ピボットフロアー

フロントフィードドラムはフィーダハウスの中央フレームに取り付けられており、フィーダーハウスの後方をピボットポイントとし、ドラムと内部フレームは自由に上下に動きます。作物と接地圧を一定にし、作物量が多い場合も詰まりなく、スムーズな流れを実現します。

フィーダーハウス前後チルト調整

刈取プラットフォームの作業状態に合わせ、フィーダーハウスを前後方向に最大17度調整できます。
カッターバーが地面を追従するようにでき、作物ロスを軽減します。

前方作業視界性

フィーダーハウスの長さは1730mmとし、運転席からの作業視界性を向上。刈取プラットフォームと刈り株を確認できます。
また、フィーダーハウスリフトシリンダーは長く、移動走行時、刈取プラットフォームと地面に十分な隙間を確保できます。

さまざまな作物に対応

フィーダーハウスドラム高さとチェーン速度を変更することによって、さまざまな作物に対応できます。変更も簡単です。

フィーダーハウスドラム高さ調整、チェーン速度調整(スプロケット交換)

フィーダーハウスラテラルチルト調整

自動セルフレベリング機能により、フィーダーハウスと刈取プラットフォームを最大4度の調整幅で自動調整し、地面に追従させます。フィーダーハウスのチルト状態はキャビン内のコーナーポストディスプレイで確認できます。