概要

ガスエンジンを使用したヒートポンプサイクルにより、冷房・暖房を行うシステムです。

ヒートポンプサイクルとは、室内外の空気から熱のくみ上げ(暖熱)、くみ下げ(放熱)の繰り返しを示します。GHPはヒートポンプサイクル形成に使用するエネルギー量(エンジンの月消費量等)より多くの熱のくみ上げ、くみ下げが可能な為、高効率な暖房・冷房のシステムです。

また、ガスエンジン排熱も利用することで安定暖房能力を発揮します。

節電するならGHP

GHPとEHPの違い

冷媒を圧縮するために、コンプレッサを使用します。
GHPとEHP(従来の電気式ヒートポンプ)は、冷媒を圧縮するコンプレッサを駆動する機械が違うだけです。

GHP(ガスヒーポン)製品

このサイトは「会員制」です。主に設計・施工に携わる方に、ヤンマーエネルギーシステム製品の技術情報をご提供します。

ヤンマーRESS(Remote Energy Support System)遠隔監視システムは電話回線を介してコージェネレーションを始めとするお客様の設備を24時間見守ります。

関連情報

日本最大級の大型複合施設「EXPOCITY」に国内最大規模のGHPを納入

ガスエンジンで冷暖房を行うクリーンで省エネなGHPを、大阪府吹田市に開業した大型複合施設「EXPOCITY」に納入しました。