もみ殻バイオ炭製造装置(実証試験中)

未利用資源を活用した循環型農業とバイオ炭による炭素固定で、脱炭素化に貢献します。

もみ殻バイオ炭製造装置

米作りで発生するもみ殻の処理が課題になっています。
もみ殻を炭化すると、農作物に良い土壌改良や炭素を固定し、脱炭素につながります。
もみ殻の処理でお困りの方や、バイオ炭製造を希望の方はヤンマーにお任せください。

ヤンマーが選ばれる理由


資源循環型農業を実現

もみ殻バイオ炭は土壌改良・肥料効果・消臭効果があり、資源循環型農業を実現します。

臭気・煙がなく
もみ殻処理問題を解決

もみ殻バイオ炭製造装置は高温で燃焼させているため、匂いや煙が発生しません。
また、もみ殻を焼却すると発生する発がん性物質も発生しません。

もみ殻バイオ炭製造装置のメリット

もみ殻処理問題解決

処理費費削減や煙、臭気を解決できます。

バイオ炭の活用

土壌に撒くなど色々使えます(下のバイオ炭の効果に詳細記載)

カーボンネガティブへの貢献

バイオ炭は炭素固定され、Jクレジットの環境価値の創出の方法として認められています。

ヤンマーのもみ殻バイオ炭の特徴

  1. 比表面積が大きく、脱臭や残留農薬の吸着、微生物の住処となり高機能バイオ炭にも使用できます。
  2. もみ殻を炭化した際に発生する結晶質シリカ(発がん性物質)を含みません。
  3. 植物の組織を丈夫にする可溶ケイ酸が豊富に含まれます。

システムフロー図

関連ページ

バイオ炭とは?

J-クレジット制度が生み出すバイオ炭の可能性

導入事例

もみ殻処理と脱炭素の課題を解決する 「もみ殻バイオ炭製造装置」の実証試験を開始

もみ殻ガス化発電(実証試験中)

処理に困るもみ殻をガス化して、電気と熱を供給します。もみ殻は肥料等価値のある「バイオ炭」になります。

お気軽にお問い合わせください

ご不明点、ご要望等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

もみ殻バイオ炭製造装置についてのサポート・お問い合わせ