Cerezo OSAKA YANMAR LADIES

ABOUT

2010年セレッソ⼤阪アカデミーのチーム「セレッソ⼤阪レディースU-15」として中学1年⽣16名で発⾜、以来他クラブからの補強はせず、選⼿を育てて強化する「究極の育成型」を標榜して活動をスタートしました。セレッソ⼤阪レディースも⼤阪市と堺市を活動拠点としています。2013年からはチーム名に「堺」が⼊り、堺市(J-GREEN堺)などでも試合を⾏っています。ユニフォーム右袖には、「OSAKA SAKAI」の⽂字が⼊っています。

アカデミーとトップチーム両⽅の要素を併せ持つレディースは、「結果ではなく育成が優先されるアカデミー、結果を追求するトップチーム」その両⽅を求められています。10代〜20代のメンバーを中⼼とした若いチームですが、セレッソ⼤阪のクラブの哲学である「SAKURA SPECTACLE」をレディースチームもスローガンに、世界を舞台に活躍できる選⼿を⽬指し⽇々トレーニングに励んでいます。

WEリーグへ新規参戦

2021年に⽇本⼥⼦サッカー史上初めてのプロリーグとしてWEリーグが発⾜したことにより、現在の⽇本⼥⼦⼥⼦サッカーリーグは右図のような構成となっております。WEリーグは⽇本のトップリーグとなり、現なでしこリーグの上位に位置するリーグです。セレッソ⼤阪ヤンマーレディースはWEリーグ2023-24 シーズンから参⼊します。

セレッソ⼤阪ヤンマーレディースは、WEリーグ 2023-24シーズンから参入します
CEREZO OSAKA YANMAR LADIES x SOCCERKING
セレッソ大阪ヤンマーレディース Youtube

「究極の育成型クラブ」を標榜しスタートしたセレッソ大阪ヤンマーレディースの歴史、国内外に輩出した選手たち、現所属の注目選手などを、SOCCERKING WEBサイトやSNSにて紹介。チームの特徴や魅力を発信していきます!

WEリーグ開幕直前!セレッソ⼤阪ヤンマーレディース徹底紹介

WE新規参入のセレッソ大阪ヤンマーレディースを徹底展望。1年目から"桜旋風"を巻き起こせるか READ

「育成のセレッソ」国内外で活躍するC大阪ヤンマーレディース出身の選手たち READ

WE参入のセレッソ大阪ヤンマーレディース。これまでの足跡を振り返る READ

2023-24 WEリーグカップ 対戦結果

グループステージ グループA 第1節~第5節

試合結果表

 積極的に戦い、
堂々の2位で
フィニッシュ

第1節 プロ初戦で記念すべき初勝利!
第2節 ホーム初戦は、悔しい逆転負け
第3節 攻守に隙を作らず、快勝を収める
第4節 矢形の2得点などでホーム初勝利!
第5節 粘り強い守備で引き分けに持ち込む

INTERVIEW

2023-24シーズンから
“WEリーグ”へ挑戦

ステージをあげるたび、逞しく戦い続けることで成長を遂げてきた、大きな可能性を秘めた選手たちのインタビュー記事です。

PLAYER

セレッソ大阪から世界の舞台で活躍する選手たち

PLAYER

セレッソ大阪から世界の舞台で活躍する選手たち

林 穂之⾹ 選⼿

林 穂之⾹ 選⼿

2011セレッソ⼤阪レディースU-15
2012セレッソ⼤阪レディース
2013-2020セレッソ⼤阪堺レディース
2021-2022AIK
2022-ウエストハム‧ユナイテッド

U-20 ⽇本⼥⼦代表

2016 FIFA U-17 ⼥⼦ワールドカップ
2018 FIFA U-20 ⼥⼦ワールドカップ

⽇本⼥⼦代表(なでしこジャパン)

2019EAFF E-1サッカー選⼿権
20212020年東京オリンピック
20222022 AFC⼥⼦アジアカップ
2022EAFF E-1サッカー選⼿権
目標の舞台へ 林穂之香選手 動画

宝⽥ 沙織 選⼿

宝⽥ 沙織 選⼿

2013-2020セレッソ⼤阪堺レディース
2021ワシントン‧スピリット
2022リンシェーピングFC
2023-レスター・シティWFC

U-17 ⽇本⼥⼦代表

2016 FIFA U-17 ⼥⼦ワールドカップ

U-20 ⽇本⼥⼦代表

2018 FIFA U-20 ⼥⼦ワールドカップ

⽇本⼥⼦代表(なでしこジャパン)

20192019 FIFA⼥⼦ワールドカップ
20212020年東京オリンピック
20222022 AFC⼥⼦アジアカップ
2022EAFF E-1サッカー選⼿権
挑戦し続ける 宝田沙織選手 動画
目標の舞台へ 林穂之香選手 動画
AMBASSADOR アンバサダー
林穂之香・宝田沙織のengine
CEREZO OSAKA YANMAR LADIES HISTORY
販売拠点 お問い合わせ よくあるご質問