SCR System

エンジンメーカーが自社開発、IMOのNOx3次規制に適合。

本船搭載後

試験ベンチにおけるSCR
システム設置状況

ヤンマーでは、1次規制比80%の大幅なNOx削減が必要なIMO3次規制を単独でクリアできるSCRシステムを自社開発。独自の技術と経験を活かし、船舶に最適な設計・機能やディーゼルエンジンとのベストマッチング、指定海域と一般海域の航行に対応したシステムを実現しました。また、外航船補機3台に搭載した実証試験を重ね、システムのさらなる高度化を図っています。

高い信頼性・耐久性を誇るヤンマー独創のSCRシステム。

優れたNOx浄化性能を確保し、安全にも配慮。

高NOx浄化性能のイメージ図

バイパス分岐部から触媒反応器までをユニット化し、高NOx浄化性能を達成。エンジンとSCRシステムのセットでNOx認証を取得(スキームA)、船上での性能を確保しています。また、分岐部より下流側に尿素水噴射ノズルを配置し、バイパス側へのアンモニアリークを防止しています。

複数台の発電機関に対応し自動制御化。

機関個々に搭載される触媒反応器を含む全機器を一括制御。ポンプユニット、制御盤は複数台分を各々1台に統合し、トータルでのコンパクト化を実現します。

自動制御化のイメージ図
  • A.スートブロー装置
  • B.尿素水噴射ノズル
  • C.サービスエア
  • D.セパレータ
  • E.システム制御盤
  • F.温湿度センサ
  • G.尿素水タンク
  • H.制御エア
  • I.ポンプユニット
  • J.ノズルユニット
  • K.給気逃がし弁

※船級により、仕様が異なります。

触媒の長寿命化を実現。

バイパス運転中、触媒ラインへ微量の排気ガス流入が発生し、触媒の劣化を招きます。その流入を防止する仕様とすることにより、触媒の長寿命化を可能にしました。

エンジンとのトータルアフターサービス。

NOx(浄化率)計測や適切なメンテナンスなど、エンジンとSCRシステムを総合的にサポートします。

ご要望に応じて、尿素水製造装置を
オプションでご提供します。

ダウンロード