July 11th, 2018|

「キッザニア甲子園」のヤンマー出展パビリオンで農業を疑似体験!

こども達がさまざまな職業や社会体験を通じて、社会の仕組みを楽しみながら学ぶことができるキッザニア。ヤンマーは、「新しい農の姿」を感じてもらいながら農業を体験できる「ファーマーズセンター」パビリオンをキッザニア甲子園に出展しています。そこには、こども達がワクワクするトラクターの展示やシミュレーターがスタンバイ!実際に乗ったり、操作したりして、ここでしかできない体験を楽しんでもらいました。

実物の約2/3サイズで、"こどもが主役の街"が広がっています。

キッザニア甲子園の概要をご紹介。
いろんな職業を体験して、頑張った証でお買い物もできる!

キッザニア甲子園では、パン職人やパイロット、テレビのキャスター、マジシャンなど、約100種類の本格的な仕事やサービスが体験でき、憧れの職業やものづくり、人と接する仕事まで、本当にバラエティ豊かです。

また、仕事を終えると、キッザニア専用通貨“キッゾ”がお給料としてもらえます。もらったキッゾは、お客さんとして観光バスに乗ったり、デパートで買い物をしたりする時の支払いに使用することが可能。銀行に預けておけば、次回来場時に窓口やATMで引き出せる上、利子もつくんです!こうやって楽しみながらできる職業体験を通じて、こども達の夢と自主性と社会性を育めるのが、キッザニアの最大の魅力です。

各パビリオンの看板や外観なども、本物のお店のような佇まいです。

カッコイイ農業機械を操って、日本の未来を担うファーマーに!

ヤンマーが出展する「ファーマーズセンター」は、米作りに必要な農業機械を操作し、農業に触れることができるパビリオンです。展示しているトラクターは、ワクワクとドキドキが高まるカッコよさ。実際にキャビンに乗り込んで、操作方法を体験できます。

また、米作りをバーチャル体験できるシミュレーターも用意。最新型のトラクター、田植機、コンバインをリアルに再現した3つのシミュレーターは、オートマチック・セミオートマ・マニュアルの運転モードがあり、操作しながらファーマー気分が味わえます。デザイン性と機能性に優れたおしゃれなユニフォームを着用して体験でき、終了後はファーマーの認定ライセンスも発行。日本の食糧生産を担うファーマーが、今日のこの体験から誕生するかもしれません。

「ファーマーズセンター」のエントランスには、トラクターを展示。ヤンマーのコーポレートカラーであるプレミアムレッドの輝きに、こども達も思わず見とれてしまいます。
デザインと機能性に優れたおしゃれなユニフォームに身を包み、まずは顔写真の撮影から。米作りをはじめとする農業のことやシミュレーターの説明を受けて、体験がスタートします。

さぁ、これからの「新しい農の姿」を、体験してみよう!

最新の農業を体験したのは、しょうたくん!
自動車をはじめとするメカニックなものが大好きな小学4年生。小学校での田植え体験、親戚の畑での稲刈りや野菜の収穫作業など、普段から農業には親近感を持っているそう。自分で収穫したトマトの味が忘れられないようで、今日の体験もとても楽しみにしていたと言います。

はじめて乗るトラクターを前にして、ワクワクいっぱいのしょうたくん。スーパーバイザーの説明を受けて、いざ、職業体験がスタート!さて、「新しい農の姿」をしょうたくんはどう感じたのでしょうか!?これからの農業の在り方が垣間見える、そんな農業体験をリポートします。

トラクターや操作方法の説明を受けて、いざキャビンへ!エンジンをかける操作を体験したり、大きなハンドルを握ることでワクワクもさらに高まります。

トラクターにはじめて乗った気分は、どうでしたか?

ボディがキラキラしていて、すごくカッコイイ!タイヤも大きいし、畑の中もスイスイ走れそう。今まで見たことのあったトラクターとは、全然違いました!でも、せっかくだからエンジンとか、トラクターの中身も見てみたかったです。

スーパーバイザーからひと言!
ボディカラーは、赤色を際出させたプレミアムレッドです。独創的なデザインと、視界の広さやゆとりのあるキャビン空間も、ポイントですよ!

農業機械の操作は、うまくできましたか?

ハンドル操作はうまくできました。まっすぐ進めたし、停止するときも最初は自動でストップしてくれたから安心でした。最後の方はレベルも上がったから、停止操作も自分でしなくちゃいけなくて、ちょっと難しかったです。

しょうたくんが体験したのは、稲刈りを行なうコンバインのシミュレーター。画面に出てくる指示に合わせてハンドル操作を的確に行なうことで、達成度のレベルが上がります。

スーパーバイザーからひと言!
最新型の農業機械をリアルに再現したトラクター・田植機・コンバインの3種のシミュレーターは、それぞれオートマチック・セミオートマ・マニュアル操作の3段階で難易度が分かれています。初めて体験するときはオートマチックで操作していただき、次回はセミオートマ、次々回はマニュアルというカタチで難易度がアップ。シミュレーターによって操作方法や達成度のレベルも異なるため、ぜひ腕を上げながらトライしてみてください!

真剣な眼差しで操作するしょうたくん。見事なハンドルさばきで刈り残しもなく、100%の達成度でクリアしました。

農業体験で、どんなところに興味を持ちましたか?

農業にはいろんなマシンがあることが分かったし、実際に操作できたからおもしろかったです!もともと農業に興味はあったけど、自分の好きなものを自分で作ることができたら、毎日おいしいごはんが食べられるだろうなと思いました。

体験してみて、農業のイメージが変わったところはありますか?

田植え体験をしたことがあったので、畑で作業する農家さんは大変だなと思っていました。でも、便利なマシンがあれば、農家さんもラクになるからうれしい!農業機械も自動運転になっていくという話を聞いて、未来の人は“田植えを手でやる”ことするら、知らなくなるんだろうなと思いました。

スーパーバイザーからひと言!
トラクターの乗車やシミュレーターを体験した後は、これからの農業についてもお話します。実際に操作しながら疑似体験してもらっているので、農業がさらに身近に感じられると思います。

農業体験を修了した証として、ファーマー認定のライセンスを発行。今日の記念に持ち帰ることができます。

しょうたくんのママに聞きました!
今日の農業体験は、子どもにどんな影響を与えると思いますか?

しょうたは自動車やマシンなどのメカニックものが好きなので、実際にハンドルを握って操作でき、本当に楽しそうでした。自分が好きなものだったり、楽しそうなものだったり、いろんなキッカケを通じて農業を知ることができたはずです。日頃から“食べ物がどうやって作られているか”を子どもには知ってほしいと思っているので、興味の幅を広げるいい機会になりました。まだ小学生ゆえ、食べ物への関心はそこまで高くはありませんが、農業には興味を持っているようです。自分のやりたいことや目標が、今日の体験からしょうたの中に芽生えればうれしいですね。

最新型の農業機械を操作しながら実感できる、「新しい農の姿」。
日本の未来を担う小さなファーマーたちに、
これからもたくさんの好奇心と夢の種を届けながら、
ヤンマーはより豊かな未来を実現するために、
次世代育成活動と文化醸成活動に取り組んでいきます。

さぁ、みんなもキッザニア甲子園で、新しい農業を体験してみよう!

キッザニア甲子園

TEL:0570-06-4343
住所:兵庫県西宮市甲子園八番町1-100ららぽーと甲子園
URL:https://www.kidzania.jp/koshien/

関連情報

キッザニア甲子園に「ファーマーズセンター」パビリオンを出展中

子どもたちが仕事体験を通じて社会の仕組みを学ぶ施設「キッザニア」にて、未来の農業体験を提案しています。