収穫作業のポイント

夏まきで播種後110日頃、冬まきでは120~140日頃で収穫となります。過大にならないように適期収穫を心がけましょう。

作業機選びのポイント

自走式収穫機

6つの工程を1台でこなすことができ、収穫作業の省力化を実現します。

HN1S,CA(1条掘り ミニコンタイプ)
HN114(1条掘り ミニコンタイプ/フレコンタイプ)

中規模向け

丸ハンドルFDSミッションを採用。条合わせも容易で操作性に優れるのみならず、軟弱地において抜群の走破性を発揮します。

HN1250(,C)(1条掘り)
HN1250,D(M)(2条掘り)

大規模向け

大規模栽培のプロ農家の要求に応え、より高い耐久性と安定した性能を追求。
条件の悪いほ場でも、安定した収穫作業ができます。

HN1400,AU(C)(1条掘り)
HN2400,AU(C)(2条掘り)
  • ※写真はHN24100,AU

いも類収穫機

短根にんじんの収穫ができます。掘取り、拾い上げ、荒選別、収納、運搬まで1台5役。高能率作業が行えます。

いも類収穫機GRA650

いも類収穫機の製品情報

野菜作業車

うねサイズや作物の高さに合わせて、トレッドや荷台高さ、荷台幅が簡単に変えられ、さまざまな作物の収穫作業が行える野菜用の運搬車です。
トレッドと同時に幅が広がる荷台は、重量野菜等をたくさん積むことができます。
大量運搬で能率が大幅に上がります。

野菜作業車NCシリーズ
  • 写真はNC17,AAW
>次のページへ進む:調製・梱包・出荷

その他の作物