移植作業のポイント

株元はしっかりと押さえ、深植えを避けるのがポイントです。

野菜移植機選びのポイント

乗用型・歩行型、規模や効率、ご予算に合わせてお選びください。

野菜移植機のタイプ

乗用型汎用レタス移植機PH40R,LT

乗ったまま、ロータリーポットに苗を入れるだけ。イスに座って作業ができるため、苗の供給に集中でき作業がラクに行えます。1人で4条を1行程で植え付けることができるので、作業者の負担が大幅に軽減されます。

歩行型全自動タイプPW10(,W)

セル成型苗をトレイ(農水省規格トレイ)ごとセットするだけで、自動で1株ずつ引き抜いてスピーディに高精度に植付けることができます。
マルチ栽培にも適応するマルチ仕様もあります。

  • 写真はPW10
歩行型半自動タイプPH1,A(,WA)(,KWA)

純正のトレイに限らず、さまざまなセル成型苗やポット苗などが植付できる汎用タイプの移植機です。
作付面積が小~中規模の方のメイン機種として、また、大規模の方には全自動移植機の補機としてオススメです。

  • 写真はPH1,A
>次のページへ進む:防除

その他の作物