油圧システム

パワーロスが少なく、素早く反応。
  • 掲載している写真はヨーロッパ仕様のため、国内仕様と異なる場合があります。

エンジン負荷が小さい油圧システム。

クローズド・プレッシャー アンド フローシステム(Q、C仕様)

各コントロールバルブは常に高い圧力がスタンバイされ、レスポンスの良い作動が可能です。また油圧を使用しない場合にはポンプの送油を停止。パワーロスを少なくし、油圧オイルの劣化を防ぐためオイル交換時期が長くメンテナンスコストを大幅に低減できます。

<主な特長>

  • 油圧使用時でもエンジンへの負荷が小さい
  • 燃料消費量を低減
  • オイル冷却が少なくてよい
  • 油圧ノイズを低減
  • 油圧ホース、シールへの負荷低減
  • 油圧作動時の反応速度が速い

リヤSCV(油圧取り出し)450系統

種類 200系統 450系統
機能 手動 SCVレバーを操作したときのみオイルが流れる
ロック オイルを流し続ける
デテント 油圧シリンダーが伸びるとオイルの流れが自動で止まる
流量調整(L/分) 0〜100 0〜110
流量温度補正
低リーク構造 追加で2つのチェックバルブを装備。SCVを使用していないときのバルブからのオイルの戻りを防止

パワーブレーキ(6090M~6120MのP仕様以外)

油圧アシストにより、軽い力でブレーキ操作が可能に。特に重けん引作業時に安全な運転操作ができます。