任務-わたしたちの使命

わたしたちはヤンマーグループの一員としてすべての人が支え合い、自立し、共に生き上質な商品とサービスを提供することで感謝の心と笑顔にあふれる社会の実現を目指します

ビジョン-目指すべき組織の方向性

“お客様の満足” お客様が満足する上質な商品とサービスを提供します。“社員のしあわせ”社員が働くことに満足し、誇りを持てる会社を目指します。“地域の豊かさ”地域の一員として、地域社会に感謝し、より豊かな地域づくりに取り組みます。

行動指針

お客様の立場に立って、共に考えよう。みんなの個性を尊重し、互いに支えあおう。自らの可能性を信じ、常にチャレンジし続けよう。

社長あいさつ

 ヤンマーシンビオシスは、ヤンマーグループの特例子会社として2014年に設立されました。
 シンビオシスという社名は『共生』を意味し、自然、社会、地域、そして多様な人々との共生を目指し命名されたものです。

 弊社は大阪と滋賀に事業所があり、清掃業務をはじめ、メールサービス、名刺作成、印刷、書類の電子化、事務用品の集中購買、その他グループ各社をサポートする様々なコンシェルジュ業務を行っております。
 またヤンマーならではの業務といたしまして、工場のある長浜ではエンジン製造の前工程に必要な各種軽作業を、栗東では農作物の生産や花の植栽を行っております。農作物はグループ内の食堂や道の駅などに提供させて頂いております。また各種花のプランターは、滋賀地区に加え大阪梅田地区にも多数提供させて頂いております。
 各地域の皆様ならびにグループ各社の皆様と共に事業活動をさせて頂けることは、社員の大きなやりがいに繋がっており、大変感謝しております。

 弊社の事業活動におきましては、様々な個性を持つ社員が力を発揮できる環境を整えるため、福祉専門職やジョブコーチによる取り組み、事例検討会の導入など社内サポート体制を充実させております。定期的にケース会議なども行い、雇用の定着に努めております。
これらの活動を通じ得た知見を社内外に発信し、社会における持続的な雇用創出に一層、貢献して参りたいと考えております。

 社員一人ひとりの多様な個性を受入れ、社員全員が共に “成長” しながら、付加価値を生み続けられる企業を目指し取り組んで参りますので、一層のご理解と変わらぬご支援を心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長 白藤 万理子

沿革

2013年8月

社内のプロジェクトとして特例子会社準備室スタート

2014年4月

ヤンマーシンビオシス株式会社 設立

大阪センター(郵便・清掃)、栗東センター(農場)にて立上げ 社員数8名

2014年10月

特例子会社認定 グループ認定(ヤンマーホールディングス株式会社、ヤンマー株式会社、ヤンマーアグリジャパン株式会社、

株式会社ヤンマービジネスサービス、ヤンマーシンビオシス株式会社 5社)

2016年4月

ヤンマー本社ビル(FYB)完成にともない、清掃事業を大幅に拡大

2017年4月

ヤンマー農機製造株式会社をグループ適用し、グループ6社となる

ヤンマー倉敷バイオイノベーションセンター内に岡山事業所を開設

2018年9月

ヤンマー長浜工場内に長浜センターを開設 初めて生産業務を行う

滋賀事業所の開設を機に、中央研究所(米原)にて清掃業務をスタート

2018年12月

障がい者法定雇用率を初めて達成(法定雇用率は当時のもの)

2019年9月 ヤンマー倉敷バイオイノベーションセンター内岡山事業所閉鎖

2019年10月

滋賀県湖北地区工場(びわ・長浜・木之本・大森・伊吹工場)の清掃を開始

2020年5月

ヤンマーグループ再編にともない、ヤンマーグローバルエキスパート株式会社、ヤンマーアグリ株式会社を

新たにグループ適用(8社体制となる)

2020年8月

尼崎センターを開設

ヤンマーシナジースクエア・ヤンマーフィールド尼崎・ヤンマースイートミハナにて、清掃・コンシェルジュ業務をスタート

2020年10月

ヤンマーパワーテクノロジー株式会社の特機事業本部内にて印刷業務をスタート

サポート・お問い合わせ