セル成型苗での育苗

セル成型苗(セル苗)は、アメリカで開発された技術で、日本へは昭和50年代に花苗生産の分野で導入が始まりました。その後、野菜苗においても利用され、今日では広く普及しています。セルトレイは、意図的に寸法設計されているため、播種作業や移植作業の機械化が可能で、単位面積当たりの生産効率も高くなります。

セル成型苗には、

  1. 移植後の活着が良好。
  2. トレイからの抜き出しがとても簡単。
  3. 誰にでも簡単に育苗できるシステム。
  4. 苗揃いの良い苗が大量に育成できる。
  5. 軽いため、持ち運びが楽(約2.5kg)。
  6. 苗の生育コントロールが可能。
  7. 全作業の機械化や、生産の分業化が可能。

という、7つのメリットがあります。

移植適期のレタス苗

また、野菜移植機に適合する苗は、健苗で根張りが良く(根鉢形成が良い)、徒長していない、草丈が揃った均一な苗が理想です。そして、根鉢形成には育苗資材が重要となります。

育苗資材選びのポイント

セルトレイ(ヤンマー野菜トレイ)

ヤンマー野菜トレイは、機械移植に適した農水省規格トレイ(288穴・200穴・128穴)です。レタス作では「25角-200穴」のトレイを推奨しています。

25角-200穴〈農水省規格〉
(20枚入り:IBB-40705001)

ヤンマー野菜専用育苗箱(アンダートレイ)

ヤンマー野菜専用育苗箱は、ナプラ野菜トレイにぴったり合った専用育苗箱です。積み重ねができ、従来の育苗箱の1/3のスペースに保管できます。

野菜専用育苗箱
(20枚入り:IBB-24000003)

野菜養土

養土は苗の生育と機械移植を左右する大変重要な要素です。ヤンマーでは、良い育苗土の条件にぴったりの野菜養土をご用意しています。
覆土には、覆土用バーミキュライトを使用します。

良い育苗土の条件

  1. 水ハケが良く、しかも水持ちの良いこと。
  2. 酸素が適当で、肥料養分がバランス良く含まれていること。
  3. 病原菌、害虫、雑草の種子を含んでいないこと。
  4. 均質で安価、しかも入手しやすいこと。
  5. 取り扱いやすいこと。
  6. 病害虫のないこと。
  7. 物理性が良いこと(通気性・排水性)。
  8. 肥料成分を過不足なく含んでいること。
  9. 適正なpHであること(6.0~6.5)。
  10. つくりやすく、いつも同じものがつくれること。
野菜養土S(標準)タイプ(覆土なし)
野菜養土H-100(肥料持続タイプ)
野菜養土H-150(高肥料持続タイプ)
野菜養土M-250(追肥省力タイプ)
覆土用バーミキュライト

液肥かん水(追肥)

ヤンマー(ナプラ養土S を使用)の育苗標準は生育途中で追肥を行います。
液肥かん水(追肥)にヤンマーのナプラパワーを使用すると、硝酸態チッ素主体の成分となっているので、野菜の生育に優しく、効果が速くに表れます。

野菜肥料ナプラパワー
(TUC-40872012)

育苗播種機選びのポイント

鎮圧ローラ・鎮圧板

一般に理想の播種深さは、種子径の3倍と言われています。健苗づくりのポイントは、養土を詰めたトレイのセル中央に同じ深さで播種することです。
ヤンマーの鎮圧ローラ・鎮圧板は、播種深さ10~12mmで生育に適した播種穴をすばやく開けることができます。

鎮圧ローラ30
(7C1030-94400-2)
鎮圧板128穴
(7C1030-95100)

野菜播種板

コート種子がワンタッチでトレイの各穴に1粒ずつ播種できます。

野菜播種板YVS41,N30

野菜播種機

種子はセル穴の中央にまき、養土量を均一にし、必ず一定の圧力で鎮圧することが、苗の生育を揃えるポイントです。野菜播種機を使うことで、精度の良い播種ができます。

野菜播種機のタイプ

全自動タイプ

トレイの供給→養土充填→かん水→鎮圧穴あけ→播種→覆土→かん水の一連の作業が自動で行うため、大幅な省力化が図れます。
またアタッチメントの交換により、さまざまな種子に対応できます。

ヤンマー野菜播種機(全自動タイプ)SV410A,L128(L200)
半自動タイプ

鎮圧→播種を高精度にスピーディに行うことができます。また、精密な播種のみを行うことができる精密播種装置もあります。

セルトレイ播種機(電動型)STH7M-128(200)
ヤンマー吸引精密播種装置(半自動タイプ)YVR100A,A(,N)

野菜播種機の製品情報

>次のページへ進む:移植

その他の作物