ベランダで育てるコマツナ
作物

豆知識

カルシウムを多く含むことから、骨からのカルシウム流出を防止。食物繊維やビタミンK、鉄分などさまざまな栄養素を多く含みます。
抗酸化作用があり、美肌に欠かせません。
利尿・緩下・浄血の効果があり、冷え性に良いとされています。

薬効的な食べ方・・・生食・煮る・炒める
保存方法・・・濡れたキッチンペーパーに包み、ポリ袋に入れて、冷蔵庫野菜室などに立てて保存。

トレイ育苗からはじめる栽培方法

1. 育苗の準備をします。

コマツナの育苗

育苗用のトレイに養土を入れて、トレイ全体に水を含ませてください。

コマツナの用土

丈夫な苗を育てるには、用土1Lに対して、化成肥料が1〜2gをめやすにします。

2. 種をまきます。

表面に浅く穴をあけて種を一粒ずつまき、バーミキュライトで軽く覆土します。
その後、たっぷりと水をあげてください。

コマツナの種まき

3. 液肥を毎日与えます。

発芽して10日目頃から、液肥を毎日水がわりに与えます。

  • 水10Lに、ヤンマーナプラパワー2gの液肥。
コマツナの芽

4. 根がしっかり張ったら、プランターへ植え替えます。

苗は5cm間隔に植付けます。
これ以降の作業は、「直まきの場合」の4をご覧ください。

コマツナの苗と定植

直まきからはじめる栽培方法

1. 種をまきます。

深さ約1cm位の筋をつけ、1cm間隔で種をまきます。
まいたあと、種が隠れる程度に覆土をして、たっぷりと水をあげてください。

コマツナの種まき

2. 間引きをします。(1回目)

コマツナの間引き1回目

発芽して本葉が1~2枚になったら、3~4cm間隔になるよう間引きをします。

3. 本葉が3~4枚の頃、さらに間引きをします。(2回目)

コマツナの間引き2回目

本葉が3~4枚になった頃に、5~6cm間隔になるよう間引きをします。

  • 間引きした葉もおいしくいただけます。

4. 追肥をします。

草丈が7~8cmの頃、大さじ1~2杯の肥料を、ひと株ごとに与えます。

5. 乾燥しないように育てます。

生育中は水分をよく吸収するので、
土が乾く前に水をたっぷり与えます。
夏場は涼しい朝晩に水を与えましょう。

6. 草丈が20cm位になったら収穫します。

コマツナの収穫

ベランダ菜園にピッタリの資材

丈夫な苗を育てるヤンマー養土

野菜養土S(標準)タイプ (覆土なし)

野菜養土S(標準)タイプ (覆土なし)

種が発芽しやすい、ピートモスとバーミキュライトを主成分とし、保水性・通気性に優れた養土です。
発芽して10日目頃から、液肥を毎日水代わりに与えます。

野菜肥料ナプラパワー

野菜肥料ナプラパワー

育苗中の追肥用の肥料です。
粉末で水に溶かして使用します
即効性の肥料で肥効が高く、生育が促進されます。

覆土用バーミキュライト

覆土用バーミキュライト

養土や土で覆土すると発芽率が低下してしまいます。
覆土面が固まらず、発芽揃いを促進する覆土用バーミキュライトでの覆土をおすすめします。