ダイバーシティ&インクルージョン

私たちヤンマーグループは、ブランドステートメント「A SUSTAINABLE FUTURE -テクノロジーで、新しい豊かさへー」の理念のもと、豊かな未来の実現へ向け社会に新たな価値を提供するために、社員の多様化を推進します。

ダイバーシティ&インクルージョン推進への取り組み

資源循環型社会に向けたイノベーションを生み出し、ビジネスの持続的成長を実現させるためには、社員一人ひとりの価値観や個性を尊重し、お互いの能力を最大限に発揮させることが必要です。
ヤンマーには国籍、文化、年齢、性別、宗教、キャリアなどさまざまなバックグラウンドをもつ人材が集まっています。いろいろな考え方を持つ人たちが、多様な意見を出し合い、議論しながら模索することで、クリエイティブなアイディアが生まれます。

ヤンマーでは多様な社員一人ひとりがライフイベントやライフスタイルに合わせて、働き方を柔軟に選択できる制度を導入し、サポートしています。今後、在宅勤務制度やフレックスタイム制度等フレキシブルな働き方の実現、健康経営や生産性向上への取り組みを実施し、グループ全体で多様な人材が活躍できる環境整備を進めていきます。
また、前述の考えのもと、グループのダイバーシティ&インクルージョンポリシー「Diversity For YANMAR」を制定しました。
ヤンマーは、今後もダイバーシティ&インクルージョンを推進することで、お客様と社会の課題を解決し、最高の価値を提供することで、サステナビリティをどこまでも追及し、新しい豊かさの実現に貢献していきます。

Diversity For YANMAR

『いきいき、ワクワク、SMILE』。心豊かに働く社員はヤンマーグループを支える原動力です。
国籍、文化、年齢、性別、ライフスタイルなど多様なバックグラウンドからなる考え方や価値観を持つ社員が、相互に支援・啓発することでイノベーションの創出を実現します。
そして、多様性豊かなメンバーが新たな商品・サービス・ソリューションを創造することで、社会に新たな価値を提供していきます。ヤンマーグループは、ダイバーシティ&インクルージョンを通して、サスティナブルな社会の実現に貢献していきます。

昨年度までの取り組み

健康経営の取り組み

当社では社員一人ひとりが心身ともに健康で能力を最大限に発揮し、いきいきと活躍できることがヤンマーの持続的成長と生産性向上につながると考え 、社員のみなさんの健康への取組みを効果的かつ効率的に推進させるため、「健康経営方針」を制定し、グループ一丸となって健康経営に取り組んでいます。

健康経営優良法人(大規模法人部門)認定

ヤンマーホールディングス株式会社は経済産業省および日本健康会議より「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に認定されました。
また、グループ会社の株式会社神崎高級工機製作所(大規模法人部門)、ヤンマーシンビオシス株式会社(中小規模法人部門)も認定されました。

【健康経営優良法人とは】
地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度。

健康経営の推進体制

当社では、最高健康経営責任者がCHROと健康保険組合の理事長を兼務し、健康経営トップ自らが発信する健康経営方針のもと、コラボヘルスを軸に健康経営を推進しています。

健康課題

当社では下記の4点を健康課題と認識し、社員がいきいきと活躍できる環境を整えてまいります。

  • メンタルヘルスケアの促進
  • 積極的な禁煙の促進
  • 生活習慣病予防対策
  • ワークライフバランスの推進

健康課題への取組み内容

メンタルヘルスケアの推進 積極的な禁煙の推進
  • ラインケアセミナーの実施
  • 採用時のセルフケア教育の実施
  • カウンセリング窓口の設置(全国対応)
  • 女性健康セミナーの実施
  • すわんすわん禁煙dayによる禁煙活動
  • 禁煙外来補助
  • オンライン禁煙外来プログラム
生活習慣病予防対策 ワークライフバランスの推進
  • 定期健康診断の100%実施への取組み
    (2019年度 93.4%、2020年度 100%)
  • 2次受診対象者への受診勧奨の徹底
  • 健康診断結果相談窓口設置
  • 特定保健指導コラボヘルスでの取り組み
  • 歩活(ウォーキングイベント)実施
  • 健康課題への具体的な数値目標
  • 在宅勤務の拡大
  • フレックス勤務体制の確立
  • 有給休暇取得推進体制の確立

健康経営戦略マップ

Y media